”BLACK ALBUM 2”を聴きました!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回は初の音楽カテゴリーの記事となります。

 

内容は自分が好きなアーティストのアルバムについて

感想を書いちゃうゆるゆるレビューです。

 

それでは、お楽しみくださいませ。


“BLACK ALBUM 2″を聞いたよ!

今回紹介するのは、GITADORAをプレーする

音ゲーマーならご存じなアーティスト、

「96ちゃん」こと「黒沢ダイスケ」氏の最新アルバムですね。

 

発売日が8月8日だったので、

「発売からもう1か月半くらいたってんじゃねえか!」

なんて文句を言われてしまいそうですが、

そこは申し訳ありません。

手に入れるのが若干遅くなってしまったのと、

私生活が忙しく、なかなかゆっくり聞けなかったためです。

 

ゆっくり時間があるときに良い環境で聞きたかったんです。

こだわりなんですスミマセン。

 

そんな前置きはこの辺にしまして、

元々GITADORAをよくプレーしていた自分にとって

96ちゃんは大好きなアーティストです。

音ゲーの腕前の上達は96ちゃんと共にあった

言っても過言ではございません。

 

初代”BLACK ALBUM”も持ってますので並べてみました。

こう並べてみると新作のジャケットは静かでクールな感じがしますね。

果たして中身はどんな感じなのでしょうか・・・?


haraheriの個人的な感想

ん~~~~。イイッ!

 

 

そんな適当な感想で伝わるかよ!ってなってしまうと

思いますのでちゃんと書きます。

 

まず基本的には昔からの96ちゃんとお変わりないので

安心して聞くことができます。

そもそも太鼓の達人などの音ゲーに収録された曲も

含まれていますので、音ゲーマーの方も違和感なく

聞きやすいという意味でお変わりないと言えます。

 

しかしながら、96ちゃんの活動する環境が変わった影響も

あるからだと思いますが、1stアルバムよりも96ちゃん自身の

趣味が全開になっているように感じます。

簡単に言うとプログレ全開って感じです。

 

音ゲー楽曲だとおそらくゲーム企画側のオーダー等といった

様々な制約が楽曲にかかっていると思われますので、

KONAMIを退社されたからこそ制作できる楽曲が

盛り込まれたアルバムになったのだろうなと思います。

(ギタドラプレイヤーの自分としては退社にはショックを受けましたが、

96ちゃん自身にとっては良い選択だったのではないかと思っています。)

 

また、96ちゃん以外の方が作曲された楽曲や、

1stアルバムでは見られなかったフュージョン系の楽曲など

音ゲーだけではなかなか見られなかった一面も表に出てきています。

(音ゲーにおいても色々なジャンルはありましたが割合的にはやはり少ないので)

 

あとはアルバム制作に携わった方々が変わったためか、

楽曲のミックスのバランスなどの音も1stアルバムと

比べるとそこそこ変わってるのも気になりました。

(個人的には1stアルバムの時よりも良くなってると思います。)


長い!まとめて!

ダラダラと長くなってしまうのよろしくありませんので、

まとめさせて頂きますと、

  • 太鼓の達人とかの音ゲーに収録された曲もあるよ!
  • 96ちゃん節全開!プログレ色が強くなってる!
  • 今まであまりなかったジャンルもあって新鮮かも!
  • ミックスとか音も1stアルバムより良くなってる!

 

こんな感じです。

 


いかがでしたでしょうか?

文章じゃわかりませんよね。

 

気になった方は是非とも購入して聞いてみてください。

メタル好き、プログレ好きの方は絶対損はしないと思います。

超オススメです。

(ちなみに1stアルバムもすごく良いのでそちらも是非・・・)

 

今回の記事は以上となります。

次回も宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です