結構ハマる!?「クラッシュアイスゲーム」で遊んでみた!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事では・・・

 

「クラッシュアイスゲーム」というテーブルゲームを紹介します!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラッシュアイスゲーム
価格:1100円(税込、送料別) (2020/9/30時点)

楽天で購入

 

 

 

このクラッシュアイスゲームは、

一般的なおもちゃ売り場で入手することが可能となっており、

ワタクシ自身もドン・キホーテで安価で購入しました。

 

そんな感じで、特に珍しいゲームというわけではありませんが、

想像以上に楽しむことができるアイテムでしたので、

今回はその魅力をお伝えできたらと思います!

 

 





「クラッシュアイスゲーム」ってどんなゲーム?

アイスクラッシュゲームの中身はこんな感じになっています!

 

氷を模したブロックそれを敷き詰めるボード

氷の上に乗せるペンギンの置物

氷をたたくハンマーが2本

そしてルーレットが付属しています!

 

このゲームは写真のように氷を敷き詰めた状態にしておき、

その上にペンギンを乗せた状態で以下のような流れでプレーします。

 

  • ルーレットを回す
  • ルーレットの出目に従って氷をハンマーで叩いて落とす
  • 無事に成功したら次の人へ、失敗してペンギンを落としてしまったら負け

 

ゲームの内容としては単純で誰でもできそうなものですね!

 

ただ単に氷を落とすだけではなく、

ルーレットの内容によって落とす氷のカラーや個数が指定されたり

自分の番のパス順番の逆転などもあり、

これがゲームを面白くしてくれています!

 

 





アイスクラッシュゲームの感想やおすすめの遊び方!

こちらのアイスクラッシュゲームの感想ですが、

ゲームはシンプルながらも、ハンマーで氷を叩き落すこと自体が楽しく

その感覚がなんだかクセになる感じでした。

 

そのため、ルーレットに「好きな個数の氷を落としてよい」という出目があるのですが、

氷を落とすこと自体が楽しすぎて、その目が出たターンに

氷をほぼ全部落として終わらせてしまうパターンが頻繁に起こったので、

「好きな氷を1~3個落とす」というルールに変更して遊んでいました。

 

 

また、普通に遊んでいると

比較的簡単にギリギリの状態まで進めることができてしまったので、

 

 

ルーレットで出た目の色の氷なら規定個数が取れるまでは

好きなように氷を叩いて変形させて良いというルールを追加し、

わざと氷の形をグチャグチャにしてゲームを進行していました。

 

これが、ゲーム自体の難易度や駆け引きの要素を強くし、

面白さを引き上げることができたのでなかなかオススメです。

 

 

他には・・・

 

ペンギン以外のものを乗せてたりもしてみました

 

写真の状態でプレーしたら、

なんだか「ペンギンが楽しくジャンケンマンで遊んでるところを邪魔する人」

なった気分になってしまい、なんだか複雑な気持ちになりました。

 





以上、クラッシュアイスゲームのレビューでした。

 

結論を言うと、クラッシュアイスゲームは

非常に楽しいゲームでかつ、コストパフォーマンスも良いものでした!

 

最近ではSNSでもよく見かけるので、ゲーム自体をご存知の方は多いとは思いますが、

もし、実物を触ったことがないという方であれば

是非買ってプレーをしてみることをオススメします!

 

 

そんなわけで今回の記事は以上となります!

 

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です