ドクターフィッシュに手を吸われてみた!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

「越前松島水族館」に行ってきた!

 

今回は前回の記事にて紹介させて頂いた、

家族旅行で訪れた「越前松島水族館」にありました・・・

 

「ドクターフィッシュふれあいコーナー」での動画の紹介です。

 

水槽に手を入れるとドクターフィッシュというお魚に手をツンツンされたり

吸われたりする不思議な体験ができましたので、

 

その様子を動画で紹介したいと思います。

 





ドクターフィッシュって何?

ドクターフィッシュ(Doctor fish)は、コイ亜科の魚ガラ・ルファ(学名 Garra rufa)の通称である

水中に人間が手足などを入れると、その表面の古い角質を食べるために集まって来るとされ、古い角質を安全に除去できるため美容に、それらを食べる刺激が神経を活性化するとして、健康に効果が有ると言われている。

Wikipediaより引用

ドクターフィッシュはコイの仲間だそうですが、

「人間の皮膚の角質を喜んで食べる」という不思議な習性があります。

 

Wikipediaにも記載されておりますが、

普通の小魚であれば人間が近づこうものなら逃げるものですが、

このドクターフィッシュは住んでいた環境に長い年月をかけて適応し、

人間に近づいて栄養を取ろうとするようになったそうです。

 

 

今回訪れた水族館では、水槽に手を入れればドクターフィッシュが

自分の皮膚の角質を食べに来るのを見られるという

ふれあいコーナーの展示を行っていました。

 

実際にドクターフィッシュに吸い付かれるシーン、

どのようになっているのでしょうか・・・?

 





ドクターフィッシュに手を吸われてみた!

 

 





手を入れると本当に吸い付いてくる!!

 

 

でも・・・

 

 

自分の手、不人気過ぎない・・・?

 

日頃のトレーニングで手の表面が硬くなっているからでしょうか?

どうやら彼らにとって自分の手はC級以下のグルメなようです。

 

 

・・・そんなわけで、大変騒がしい動画ですみませんでした!

でも実際に手を入れると、なんだかくすぐったいような

何だかちょっと気持ち悪い「ちょいキモ」状態で、つい声が出てしまいます。

 

自分たちに限らず、様々なお客さんが思わず声を上げていました。

 

そんなドクターフィッシュですが、人間に対して害はないですし、

とても面白い体験になりますので、水族館などに行く際には

ドクターフィッシュがいるかをチェックしてみると良いと思います!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です