ドラムマニアのマイスティックの選び方・準備手順!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回は音ゲー記事です。

 

元両虹がドラムマニアでスキル一発チャレンジしてみた【その1】

過去にプレー動画アップして記事にしたりと、

ワタクシ、ドラムマニアのヘビーユーザーでございます。

 

ドラムマニアをプレイする際は、

もちろんマイスティックを使用しているのですが、

 

とんでもなくボロボロになってしまっています。

 

もう何年も使ってましたから仕方がありません。

 

今回は新作の稼働に合わせて、

 

スティックを新調しました

 

ドラムマニアをやり込んでいる方なら

だいたいの方はマイスティックをお持ちだと思われますが、

 

そこまでやり込んでいない方や、ドラムマニア初心者の方には

「マイスティックってどう準備したらいいの?」

と思われる方も少なくないと思います。

 

今回の記事では、そんなスティックの選び方や準備手順

お伝えしたいと思います。

 





ドラムスティックとグリップ

今回自分が購入したのはこちら、

 

・チップレスタイプのスティック

(ティンパレス用スティック)

 

・グリップテープ

 

 

以上、こちらの2点になります。

これらは楽器店であればだいたいどこでも購入できます。

 

基本的には上記のように「スティック」「グリップ」があれば

晴れてマイスティックデビューとなります!

 

ちなみに、ドラムマニアで使用する分には

スティックだけあれば問題はありません。

 

続いて、そのスティックを選ぶ際の注意点と

「グリップ」についてのお話をしていきたいと思います。

 





スティックを選ぶ際の注意点

今回ワタクシが購入したこちらのティンパレス用スティックが、

多くのドラムマニアプレイヤーに使用されているタイプです。

 

ゲームセンターでもおそらく目にすることが多いと思われますので、

とりあえずこのスティックにしておけば問題なさそうに見えますが、

初心者の方はこのスティックは避けることを推奨します。

 

というのも、通常のスティックのように先端にチップがついているものと比べると、

こちらのティンパレス用スティックを使用すると、

パッドを叩いたときの跳ね返りを利用するのが難しくなります。

 

スティックでパッドを叩いたときに余計な力を入れてしまうせいで

跳ね返りの力を上手く利用できず、早い連打に対応ができなかったり、

腕がすぐ疲れてしまい体力が持たなくなるというケースが

ドラムマニアのスキルの成長が遅い人にありがちです。

 

本物のドラムと同じようにスティックの扱いは非常に重要で、

ドラムマニアが上手な方はそのような反発の扱いが上手く、

とても脱力した状態でパッドを叩くことが出来ます。

 

そのため、初心者の方は出来る限り基本的な技術を磨きやすい

先端にチップの付いた一般的なドラムスティックを選ぶのがオススメです。

中級者の方でも自身のストロークや適度な脱力に不安があれば

思い切って通常のスティックを選ぶのもアリです。

 

通常のスティックを選ぶ際の注意点としては、

「とにかく軽いものを選ぶ」ことが重要です。

ドラムマニアでは叩いたときの音量は不要ですので、

扱いやすい軽いスティックがプレーには最適となります。

(重いスティックだと逆に筐体へのダメージが大きくなります)

 

 

なお、このようにスティックのストロークが重要であるのに、

「ティンパレス用スティック」がドラムマニアにおいて

最も使用されているかという疑問が出てくると思われます。

 

これに関しては、ティンパレス用スティックが

通常のスティックよりもさらに軽量であることが理由となります。

 

ドラムマニアの高難易度譜面では

ゴリ押しや無理のある叩き方を頻繁にさせられるので

そのような場面ではティンパレス用スティックは活躍します。

 

しかしながら、スティックの扱いに慣れていない方が

力任せでこのスティックを使用してしまうと、

いつまでたってもストロークが上達しなかったり

筐体に大ダメージを与えるクラッシャーになってしまう可能性があります。

 

以上のポイントを踏まえたうえでスティックを選択してくださいね!

 





「グリップテープ」について

こちらのグリップテープですが、

実際は装着しなくてもドラムマニアをプレーすることは可能です。

 

しかしながらドラムマニアをプレーをしていると、

スティックを滑らせて落としてしまうことが頻繁にあります。

(通称:ジェットスティック)

 

あらかじめ、スティックにグリップテープを巻いておけば

そのアクシデントを極力減らすことが出来るので、

やはり装着は推奨したいと思っています。

(※装着しても落としてしまうことはもちろんあります)

 

グリップの巻き方はそんなに難しくありませんし、

ある程度の修正も可能ですので心配無用です!

 

 

あとはプレーとは直接関係ないですが、

カラフルなグリップテープもあったりします

 

せっかくのマイスティック、

個性を持たせる楽しみ方もアリだと思います。

 

スティックに愛着が持てるとそれもモチベーションになりますから、

思い切って好きなようにカスタムしてみて下さい!

 





以上、ドラムマニア用のマイスティックを用意する際の選び方や手順でした。

 

ドラムマニアを楽しむ上でマイスティックは必要不可欠となってきますので、

上記の内容がスティック選びの際の参考になれば幸いです。

 

なお、今回の記事を書いている時に気づきましたが、

長さの違いもプレーに影響してきそうです。

場合によってはスティックを切る等の加工も良いかもしれません。

 

 

また、持ち運びにどうするかお悩みの方にはスティックケースもありますので、

必要に応じて購入するのも良いと思います。

(自分は安物のスティックケースに3組くらい入れて持ち運んでます。)

 

自分のスタイルに合ったマイスティックを手に入れて、

快適なドラムマニアライフを満喫してくださいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です