民族+メタル!オススメバンド「Eluveitie」を紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事は「音楽」カテゴリーになります!

 

普段ワタクシが作成した楽曲の公開記事は「作曲」カテゴリーに設定しているので、

若干レアなカテゴリーになってしまっております。

 

そんなわけで今回の記事は自身の作曲活動以外での音楽関連のお話ということで、

自分が好きなアーティストを紹介したいと思います。

 





メタルバンド「Eluveitie」をオススメ!

「Eluveitie」は、スイス出身のフォークメタルバンドで、

メタルに民族楽器を取り入れた音楽性が特徴的となっています。

 

サポートを含め、多くのメンバーが様々な民族楽器を演奏しているため、

メタルな楽曲に強いエスニック感が備えられています。

 

自分はそもそもメタルな楽曲が好きでかつ、民族系の音楽も好みなので、

初めて知った時にすぐにお気に入りになりました。

 

Eluveitieは2002年に結成され、様々なメンバーが入れ替わりながら

現在まで長く活動を続けていますが、

日本ではそこまで知名度が高いバンドというわけではありません。

 

個人的にはこのEluveitieを知らないのはもったいないと思っていますので、

これから紹介するオススメ楽曲をいくつか知って頂けたらと思います!

 





Eluveitieのオススメ楽曲を紹介!

Inis Mona

 

自分がEluveitieを知るきっかけになった楽曲です。

原曲が「Tri Martolod」というかなり昔の民謡風の楽曲だそうで、

まさに民族な音楽をメタルに昇華した代表のような感じがあります。

 


A Rose For Epona

メインとなるボーカルを女性シンガーが担当しており、

先程の「Inis Mona」とはやや雰囲気が異なっています。

曲の入りの民族楽器が奏でる哀愁漂うメロディや

感情の籠ったパワーのあるボーカルが非常に魅力的です。

 


 

Rebirth

 

比較的新しい楽曲です。

一部メンバーの入れ替わりが発生した後なのもあるのか、

民族メタルのベースはそのままながら、ボーカルの交代で全体の雰囲気が変わり、

伴奏は全体的に激しくテクい(?)感じになった印象です。

 





以上、個人的オススメバンド「Eluveitie」の紹介でした。

 

他にもお勧めしたい楽曲は山ほどあるのですが、

ひとまずはピックアップして3つだけの紹介に留めておきます。

 

今回紹介した楽曲を聞いてみて、

もしEluveitieが気に入った方は是非お友達に勧めてみて下さいね!

(そもそもメタルの時点で敷居が高いところはあるかもしれませんが)

 

また、ワタクシ自身も他にオススメバンドがあれば知りたいので

気が向いた方は是非コメントやSNSで紹介してくださいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です