ギターのために指のトレーニングアイテム「フィンガーストレッチャー」を導入してみた!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

 

 

 

指、鍛えてますか?

 

 

 

導入がゴリ押しですが、

今回は最近自身が導入した指のトレーニンググッズを紹介します。

 

 

自身が楽曲を作成する際にはギターは自分で弾いて録音するので、

ギターの練習や腕前について気にしながら過ごしているわけですが、

やはり普段の練習に加えて何か変わった刺激も取り込みたいと考え、

今回、こちらのアイテムを導入しました!

 

 

・・・

 

 

フィンガーストレッチャーです!!

 

 

 

 

ギターやピアノなどの指のトレーニング器具といえば、

どちらかといえば“握る系”の器具を連想しがちですが、

ギターなどの演奏においては握る力ももちろん大切なのですが、

「指を開く力」というのも重要となってきます。

 

しかし、筋トレが趣味な自分でも指を開く動作を行う頻度は低いと思ったので、

新しい刺激を求めて今回こちらの器具を導入してみたわけです!

 





「フィンガーストレッチャー」を紹介!

さて、ぱっと見ではどういうものなのかイマイチわかりにくい

こちらのフィンガーストレッチャー、使い方は非常に簡単です。

 

 

指に通して

 

指を開く!以上!

 

 

・・・

 

と、いたって単純な器具なのですが、さらに詳しく解説していきます。

 

フィンガーストレッチャーの使い方

まず、こちらは冒頭で説明したように指を開く力を鍛える器具となっており、

それぞれの色で弾性に差があり、緑、青、オレンジの順番に

だんだんと負荷が大きくなっていき、要求される力も大きくなります。

 

また、上記の写真ではかなり浅めに指に装着していますが、

実際には指の第一関節と第二関節の間に装着するのが最も扱いやすかったです。

 

また、自身はギターに使う力を鍛えるために、

ただこちらのストレッチャーを付けた後に手のグーとパーを繰り返すのではなく、

ギターを握っているときのフォームに近い形で手を

閉じたり開いたりすることを意識していました。

 

また、5本の指すべてをストレッチャーに装着するだけでなく、

親指を装着せずに、4本の指を真横に開くだけの動きをするなど、

アレンジして違った刺激を取り込むように使用したりもしています。

 

フィンガーストレッチャーの効果

そして、この器具を使うトレーニングにより最も効果を体感できるポイントが、

手でチョップをしたときに当たる小指の付け根から

手首にかけての部分にある小指球筋という筋肉群になります。

 

最初にこの器具を使用した際には、真っ先にこの部分が筋肉痛になりました。

 

 

このトレーニングによりすぐ、ギターが上達するなんて魔法の効果はありませんが、

小指球筋を使うことに慣れてきた頃に、

この器具でトレーニングを少し行った後にギターを弾くと

明らかに指の動きがいつもより調子よく感じることが多くなりました。

 

指を動かす筋肉が温まるウォームアップの効果によるものであるとは思いますが、

このトレーニングでギターに使う手の筋肉に良い影響を与えていることは

間違いないのではないかと思いました。

 





以上、「フィンガーストレチャー」の紹介でした!

 

自分にとっては「この器具は買って正解だったな」という感想でした。

 

自分のギター演奏にとっては、ちょっと変わった良い刺激になり、

弾き始めの調子を高めることができました。

四六時中ギターの練習に時間を費やせない自分にとっては

そこそこありがたいアイテムであったと言えます!

 

もちろん、ギターの上達のためには基本的には反復練習しかないため、

プレイが劇的に変わるものではないですが、

間違いなくギター演奏にとってプラスに働くものですので、

ギタリストの皆様は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

自分は職場で会議中とかにもこっそり机の下で鍛えようと思います!

(※怒られても自己責任です)

 

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です