レトロスロットの聖地!愛知県瀬戸市「セガ東名ボール」を紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事では・・・

 

愛知県瀬戸市にあるゲーセン、「セガ東名ボール」を紹介します!

【セガ東名ボールのHPはこちら!】

 

こちらの施設の名前は昔は「メルクス東名」という名前だったそうで、

そちらの名前で把握されている方も多いかもしれません。

 

こちらのゲーセンの特徴は、先程引用したツイートの通り、

とにかくレトロなゲームが設置されているという点になります。

 

そんなセガ東名ボールの店内にあるレトロなゲームを紹介したいと思います!

 





セガ東名ボールのレトロゲームたち!

セガ東名ボールにあるレトロなゲームは

ビデオスロットといったメダルゲームが主となっております。

 

あんなスロットや!

 

こんなスロットが!

 

こっちにも!!!

 

あっちにも!!!

 

【※注意※】

写真には他のお客さんの荷物が残っており、

一部の筐体のボタンにモノを挟んでいる様子がありますが、

筐体を痛める原因でマナー違反となります!

このような行為は絶対にやめましょう!

 

全体的にレトロなスロットが多めですが、

中にはかなりレアだと思われるモノもありました!

 

 

こんなスロット、初めて見た!!

 

パネルのデザインがシンプルでめちゃめちゃクールですね・・・

 

 

そして友人たちイチ押しのレア台がこちら!

 

SIGMA BONUS BANK

 

あまりにレトロすぎてリールの図柄が焼けて薄くなっていました。

ゲーム性はシンプルながら、結構大きく出玉が跳ねることもあり、

なかなかにアツくなれる機種でした。

 

チャンスがあれば是非触ってほしい機種です。

 

 

ちなみに、個人的に気に入ったのはコチラ、

 

LEGEND OF EL DORADO

 

液晶とリールが合わさっていていい感じに見えますが、

個人的に気に入ったのは・・・

 

主人公の表情がとても豊かなところです。

 

ちなみにこちらのスロットのゲーム性は、

当たり外れがわかりやすすぎる演出でバランスが悪く、

あまりオススメはできないです。

 

 

このように様々なレア台があるこちらのセガ東名ボールですが、

 

 

子供向けコーナーにも・・・

 

レアなレトロゲー多くない??

 

レトロ台ハンター、休むヒマなしです!

 





以上、セガ東名ボールの紹介でした。

 

ボーリング場などと複合する施設内のゲームセンターで、

SEGAが運営しているのでどんなゲーセンかと思いきや

とんでもないレア台まみれでしたね。

 

レア台に限らず、メダルゲームは全体的に充実していましたので、

メダルゲーム好きな方は行ってみる価値があると思います。

 

ただ、立地は車でないと行けないような場所なので

遠くから来られる方は事前の計画が必要かもです。

 

そんなわけで今回の記事は以上となります!

 

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です