ホームジムに導入している器具を紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

ホームジムの作り方を教えます!家で筋トレする方必見!

前回、ホームジム環境の作り方についての記事を書かせて頂きましたが、

今回はそんなホームジム環境で使用しているトレーニング器具

紹介していきたいと思います!

 

自宅で筋トレをされる方で、

「どんなトレーニング器具があると良いのか悩んでいる」といった方

少しでも良い参考になればと思います!

 





ホームジムに採用している器具!

前回のホームジム環境の作り方の記事で掲載した

上記の写真に写っているものをベースに紹介をさせて頂きます!

 


トレーニングラック

 

 

まず紹介するのは、スクワットやベンチプレスで使用するバーベルラックです。

ものによってはスクワット専用、ベンチプレス専用といったものもありますが、

低コストで幅広くトレーニングをできるようにするために、

どちらの用途でも使用できるラックを選んでいます。

 

自分のトレーニング環境にはBODYMAKERのラックを導入していますが、

今まで特に問題なく使えていますので個人的には「実績アリ」と言えます!

 

なお・・・

 

安全にトレーニングするためにセーフティラックが必須となりますので、

そもそもセーフティ部分がついているラックを購入するか、

無いのであれば別途追加で購入したほうが良いと思います。

 

 


トレーニングベンチ

 

 

次に、フリーウエイトでトレーニングするなら

欠かすことができないトレーニングベンチの紹介です!

 

価格帯は安いものから高いものまで幅広くありますが、

価格によって耐荷重の最大値や機能が変わってきます。

 

もちろん、高価なものほど「耐荷重が高い」「ベンチの角度が細かく変えられる」

「安定感がある」といったメリットがありますので、

トレーニングの種類の幅を考えるのであればできるだけ高いもののほうが良いです!

 

ただ、予算の都合はあると思いますので、

「自分が扱いたい重量に耐えられる」

「ベンチの角度がある程度変えられる」

という2点を抑えた上でベンチを選ぶことが個人的にはオススメです!

 





バーベルセット

 

 

ラック、ベンチを導入したら必要になるのはもちろんバーベルセットです!

 

バーベルセットを選ぶ時の注意点としては、

「バーベルの長さ」「総重量」「ラバーでカバーされているか」といった点があります。

 

バーベルの長さは、部屋のスペースを考慮するだけでなく、

ベンチプレスなどのトレーニング時の手幅にも気を付けなければなりません。

トレーニングのバリエーションを豊かにしたいのであれば長いほうがオススメです。

 

また、バーベルはラバー付きのものであるほうが消音の効果があったり、

物にぶつけたときの破損などを防ぐことができるのでオススメです!

 

 

 


ダンベル(可変式)

 

 

「RIORES」の可変式ダンベル買ってみた!

こちらは個人的にオススメしたい「可変式ダンベル」になります!

 

ただ、先程紹介したようなバーベルセットには、

そもそもダンベル用のバーも付属しているケースが多く、

無理に改めてダンベルを追加購入する必要はありません。

 

ただ、トレーニングの効率がアップするなどといったメリットが大きいので、

個人的には「可変式ダンベル」の導入をオススメしています!

 

詳細は上記の過去記事で紹介していますので、

トレーニングの質を上げたい方は是非読んでみて下さいね!

 





以上、自分がホームジムで使用しているトレーニング器具の紹介でした!

 

基本的には紹介した器具だけ導入すれば

フリーウエイトによるトレーニング環境が完全に整うので、

長期にわたって融通の利くトレーニングが可能となります!

 

なお、今後このトレーニング器具をバージョンアップするとしたら

トレーニングラックをより安定感の高い高価なパワーラックに変えたいと考えています。

 

 

なお、上記のようなパワーラックを導入しようと思った場合、

自宅の環境の融通が利かないと厳しいことは間違いありませんので、

まだまだ導入できるチャンスは訪れることはなさそうです。

 

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です