ワタクシこんな楽曲作ります!【ボカロ楽曲編】

皆様こんにちは

haraheriでございます。

 

今回は自身の作曲活動における楽曲紹介の続きになります。

 

  • インスト楽曲 ←前回紹介!
  • ボーカロイド楽曲(通常のボーカル曲も) ←今回紹介!
  • 下ネタソング(※超危険)

前回はインスト楽曲の紹介をさせて頂きましたので、

今回は自身の制作したボーカロイド楽曲の紹介をさせて頂きたいと思います。

 

現時点で公開している歌モノの曲に関しましては、

ほぼボーカロイドがメインボーカルとなっておりますが、

人間の歌唱を含む曲もございます。

 

そちらについてもこちらの記事でお話していきます。


ボーカロイド”GUMI”を使って楽曲を作ります

ボーカロイドを使った楽曲を作成するようになった理由は、

単純に歌モノの楽曲を作りたかったのと、

ボカロ楽曲を収録したCDを作成し

コミックマーケットにサークル参加してみたかったという

目標が当時(約7年前?)あったからです。

 

ちなみに、結局コミケには2回程参加しており、

CDを頒布するという目標は達成できております。

 

最近はボーカロイドを作った楽曲はあまり作成できておりませんが、

歌モノの楽曲をボカロに限らず作成したいとも思っております。

 

そしていつかまたオリジナルのアルバムが作りたいものです。

 

それでは自身の楽曲紹介をさせて頂きます。


haraheriの作成したボーカロイド楽曲を紹介

灰被り姫とクーデター

いきなりボカロメタルです。

ハードな曲調はボーカロイド楽曲でも変わらず推しています。

 

ピコくてエモい曲を目標にした作品でございます。

 

コトノハナイフ

だいぶ昔(2014年)に作成した楽曲になります。

ボーカロイド“GUMI”人間の男性ボーカルのデュエットとなっており、

初めて制作したアルバムの収録曲の中では一番の自信作だったりします。

 

ただ、やはり作成したのがだいぶ昔なのもあり、

「知識や技術が不足していなかった点も多いなあ」と今では感じさせられます。

 

そんな技術の及ばなさに少しの恥ずかしさを感じながらも、

当時の自身の楽曲アイデアに勉強させられることもあります。

 

とても奥が深いです。作曲というものは。

 


いかがでしたでしょうか?

今回は自身のボーカロイド楽曲を紹介させて頂きました。

いざ自身の作成した楽曲を振り返ってみると、

またアルバム制作をしたいなあと思うこともございます。

もし今後自身の曲に触れて頂ける方が増えたら

また挑戦してみようかなとも思っております。

 

前回の記事でも申し上げましたが、

楽曲の感想を頂けることは大変励みになりますので、

もし実際に楽曲を聞いて頂いた方で、

何か感想等がありましたらコメントをお待ちしています。

 

今回の記事は以上になります。

次回の楽曲紹介ですが、非常に危険なものになります。

自身が趣味で好き勝手やっている

「下ネタソングシリーズ」の紹介になります。

内容は大変お下品なものになっておりますので、

本当に下ネタや汚いものが苦手な方は閲覧しないように

十分にご注意下さいますようお願いいたします。

好きな方は食いつくようにご覧下さいませ。

 

それでは、また何卒宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です