【ポケカ】「ローズ型ピカチュウVMAX」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事はポケモンカードのデッキレシピ紹介記事の第5弾になります!

 

今回紹介させて頂くデッキは・・・

 

デッキ写真

「ローズ型ピカチュウVMAX」のデッキレシピです!

 

ポケモンにおいて最も人気で知名度のあるピカチュウですが、ポケモンカードの環境においてはカードパワーはあるものの、他の補助するカードが現状あまり充実していないという点がありなかなか環境トップには及ばないっといった状態になっております。

 

そんな中、現状”ピカチュウVMAX”の力を最大限に引き出せると思われる「ローズ型ピカチュウVMAX」のデッキを好んで使っていますので、今回はこのデッキの解説をしていきたいと思います!

 





「ローズ型ピカチュウVMAX」のデッキレシピ

デッキレシピ

【デッキコード】Fkffvk-Xvu9Lw-d1kV5V

枚数 カード名
【モンスター】
3 ピカチュウVMAX
3 ピカチュウV
1 パッチラゴンVMAX
1 パッチラゴンV
1 デデンネGX
1 クロバットV
2 コロトックV
1 ワタシラガV
2 パルスワンV
1 ライチュウ&アローラライチュウGX
【グッズ】
4 クイックボール
3 ポケモンいれかえ
3 ポケモン通信
2 ふうせん
1 リセットスタンプ
1 ツールスクラッパー
2 タッグコール
【サポート】
4 博士の研究
1 マリィ
4 ローズ
2 ボスの指令
2 グズマ&ハラ
1 シロナ&カトレア
【スタジアム】
2 混沌のうねり
【エネルギー】
3 スピード雷エネルギー
9 基本雷エネルギー

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■ピカチュウVMAX

■ピカチュウV

デッキ名の通り、このデッキのメインアタッカーです。

 

ピカチュウVMAXのワザであるキョダイボルテッカーを使うと追加効果で270ダメージを与えることができますが、代わりについているエネルギーが全てトラッシュされてしまいます。

 

追加効果を使わなければトラッシュ無しで120ダメージだけ与えることができますが、このデッキでは「ローズ」を使うことですぐに必要なエネルギーを付けることができますので追加効果ありの270ダメージを積極的に使うケースが多いです。

 

また、序盤のエネルギーの加速方法として、ピカチュウVの「じゅうでん」を使うという手もありますが、現在の環境では相手の強力なモンスターに一撃で倒されてしまうリスクが高くせっかく付けたエネルギーが無駄になることが非常に多いため、序盤のエネルギー加速にはピカチュウV自身ではなくパルスワンVを使うことがオススメです。

 

■パッチラゴンVMAX

■パッチラゴンV

ピカチュウVMAXとは別のサブアタッカーです。

ピカチュウのカードパワーはかなり高いのですが、ワザに対するサポートやエネルギーのコストも非常に高いため、終盤に起動が厳しくなってしまうケースがあります。

そんな際に、バトルするモンスターをサブアタッカーにバトンタッチすることでリカバリーすることが可能です。

 

今回パッチラゴンを採用している理由は、普段あまり出番がないモンスターをつかってみたいことと、最低エネルギーが1個ついていればワザを打てるため、終盤に限らずバトルさせ相手のVMAXポケモンをピカチュウVMAXのキョダイボルテッカーで一撃で倒せるようにダメージ調整をする役割をすることも可能です。

 

なお、パッチラゴンVMAXに限らず電気タイプのモンスターであれば、「カプコケコVMAX」などもかなり採用に向いていると言えます。

 

■コロトックV

サポートのローズは使用すると自分の手札をすべてトラッシュしてしまうというデメリットがあるのですが、このコロトックVの特性である「エキサイトステージ」によってすぐにリカバリーすることが可能です。

このモンスターがいないとローズを使用した直後に何もできなくなってしまう可能性が上がりますので、適切なタイミングで場に出しておきたいところです。

 

■ワタシラガV

バトル終盤に安定してローズやボスの指令を使用するため特性のハッピーマッチが非常に役に立ちますので、できるだけ序盤にトラッシュしてしまわないように立ち回ることがオススメです。

 

■パルスワンV

最序盤、後攻1ターン目・先行2ターン目のエネルギー加速にはこちらのパルスワンVを活用します。

基本的には最序盤以外で活躍することは無いですが相手が非エクストラのデッキである場合はアタッカーとして活用できることもあります。

 

■ライチュウ&アローラライチュウGX

タッグコールでサーチできるモンスターであるため採用していますが、無理に採用する必要はないモンスターになります。

 

今回は「かわいいので採用!」みたいノリなので、タッグチーム系のサポートに置き換えてもOKです。

 

【グッズ】

■ポケモンいれかえ

■ふうせん

このデッキでは序盤にパルスワンVをバトル場に安定して置いたり、コロトックVをバトル場に置くことで山札を多く引くことができるなど、ポケモンを安定して入れ替えられると戦いやすくなるため、入れ替え系のカードは気持ち多めに採用してOKです。

 

■ポケモン通信

進化モンスターが多いデッキなので「しんかのおこう」の採用もアリですが、1枚だけ採用しているモンスターが多かったり、手札に来てしまったワタシラガVなどを後半まで温存したいので、デッキにモンスターを戻せる「ポケモン通信」のほうがオススメです。

 

【サポート】

■ローズ

このデッキで最重要となるエネルギー加速のカードです。

基本的にはピカチュウVMAXを1ターンでバトルできる状態にするために使用します。

 

ただ、エネルギー加速が不要な場面でもコロトックVがいればデッキをガンガン回すことができるので、ドローソース代わりとして無理やり使用することも可能です。

しかしながら、終盤にローズをなかなか手札に加えられなくなる可能性もあるので残り枚数などの意識も必要なので注意です。

 

■グズマ&ハラ

「スピード加速エネルギー」「ふうせん」「混沌のうねり」というかなり有用なカードを一気にサーチすることができるので序盤で活躍するシーンも多く、2枚+タッグコールの採用としています。

 

【スタジアム】

■混沌のうねり

このデッキではコロトックVが機能しないとローズを使用した後に手札が不足してしまいますので「頂への雪道」などの対策のために2枚採用しています。

 

【エネルギー】

■スピード雷エネルギー

雷タイプのデッキにおいては欠かせない優秀な特殊エネルギーです。

ただし、パルスワンVやローズの効果の対象となるエネルギーは基本エネルギーのみとなりますので、今回は3枚の採用としています。

 





さいごに

以上、「ローズ型ピカチュウVMAX」のデッキ紹介でした!

 

サポートのローズによって中盤以降は1ターンでカードパワーの高いピカチュウVMAXの最高火力を1からスタンバイさせることができるので、状況によっては相手を圧倒することもたびたびあり、その強さもあって非常に楽しいデッキだと思います!

 

しかしながら、現状の構成だと「ジュナイパー」や「チルタリス」に対応ができないといった課題もありますので、組んでみたいと思っている方は環境に応じてお好きなようにアレンジを加えてみて下さいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です