【ポケカ】「ルカメタザシアン」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回はポケモンカードの記事で、

自分の使っているデッキのデッキレシピ

各カードの使い方について紹介させて頂こうと思います!

 

そんなわけで、初となるデッキ紹介記事ですが、

まず紹介させて頂くのは・・・

 

「ルカメタザシアン」のデッキレシピです!

 

こちらは自分が普段から愛用しているデッキなので、

その構成や使い方について解説させていただきたいと思います!

 





「ルカメタザシアン」のデッキレシピ

【デッキコード】88884D-y0J1Vy-cx888c

【デッキレシピ】

【モンスター】

ルカリオ&メルメタルGX 2枚

ザシアンV 4枚

ザマゼンタV

デデンネGX

クロバットV

ヤレユータン

ドーミラー 2枚

ドータクン 2枚

ギルガルドV

【グッズ】

ポケモンいれかえ 4枚

クイックボール 4枚

リセットスタンプ

メタルソーサー 4枚

プレシャスボール 2枚

あなぬけのヒモ

ポケモン通信 2枚

タフネスマント 2枚

ツールスクラッパー 1枚

【サポート】

博士の研究 3枚

マリィ 3枚

マオ&スイレン 2枚

ボスの指令 3枚

【スタジアム】

混沌のうねり

【エネルギー】

コーティング鋼エネルギー 3枚

基本鋼エネルギー 9枚

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■ザシアンV

このデッキのメインアタッカーになります。

特性の「ふとうのつるぎ」を1~2ターン目に発動したいので、

1ターン目に場に出ていてほしいカードなので4枚フルで積んでいます。

 

■ルカリオ&メルメタルGX

主にGXワザの「フルメタルウォールGX」を打つ専用のモンスターになります。

そのため、アタッカーとして率先して建てるのではなく、

相手のバトル場のモンスターが育ったタイミングでそれを

妨害するのを目的として使います。

 

相手のデッキに応じて柔軟に対応できるようにする必要があるので、

プレイスキルを磨く必要があると言えます!

 

■ザマゼンタV

相手がVMAXモンスターを使用している際に、

相手の行動を制限することが可能なので1枚だけ採用しています。

 

■ヤレユータン

特性の「さるぢえ」は基本的には手札の管理やコントロールに役立ちますが、

手札にある基本鋼エネルギーを山札の一番上に戻して

ザシアンVの「ふとうのつるぎ」とコンボさせる使い方もあります。

 

ただ、手札に基本鋼エネルギーが無い場合は逆に

ザシアンVのエネルギー加速を遅くしてしまう場合もあるので

無理に率先して場に出すカードではない点に関しては注意です。

 

■ギルガルドV

ジュナイパーなどといった、モンスターの効果の影響で

相手を倒せない場合に使うためのアタッカーになります。

相手のデッキを見て、不要であれば場に出す必要はありません。

 

【グッズ】

■ポケモンいれかえ

■あなぬけのヒモ

ザシアンVの攻撃を途切れさせないため、

ルカリオ&メルメタルGXを必要なタイミングでバトル場に出すため、

ポケモンを入れ替える系のカードはかなり多く積んでいます。

 

各カードの枚数のバランスに関しては、

環境や好みに合わせてアレンジしてもOKだと思います!

 

■タフネスマント

ポケモンのどうぐはこの「タフネスマント」だけを採用しています。

理由としては、優先的にHPの底上げをしたいモンスターが主に

ザシアンV・ザマゼンタVなどのVモンスターになるからです。

 

1ターンで倒されてしまうラインが「フルメタルウォールGX」を含めると以下の通りになります。

ルカリオ&メルメタル・・・290ダメージ

ザシアンV・・・250ダメージ

これを考えた場合に、ルカリオ&メルメタルはそもそも装備カードがなくても

倒されにくいのと、エネルギーのついたメインアタッカーのVモンスターを

一撃で落とされてしまうほうが痛手になってしまうので、

「大きなおまもり」より「タフネスマント」を優先しています。

 

【サポート】

■マオ&スイレン

入れ替え系のカードの一種です。

モンスターのHPの回復が有用であるシーンでは活躍しますので、

環境や好みともよく相談して枚数を決めると良いかと思います!

 

【エネルギー】

■コーティング鋼エネルギー

炎タイプのモンスターに対する弱点対策として3枚入れています。

ドータクンのメタルトランスで動かすことが可能なので

多めに投入していますが、特殊エネルギーメタが環境に増えてくると

バランスを考える必要も出てくるかと思われます。

 





以上、「ルカメタザシアン」のデッキ紹介でした!

 

実際自分が使用していて、なかなか強いデッキだとは思うのですが、

紹介している「フルメタルウォールGX」の使い時の判断がかなり重要になるので、

対戦相手のデッキに対するしての知識や対策が必要になります。

 

そのため、練習が必要なデッキではありますが、

上手く使いこなせるようになればなるほど楽しいデッキだと言えますので、

興味のある方は是非組んで使ってみて下さいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です