【ポケカ】「タイレーツV・タイレーツ」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事はポケモンカードのデッキレシピ紹介記事の第4弾になります!

 

今回紹介させて頂くデッキは・・・

 

 

「タイレーツV・タイレーツ」のデッキレシピです!

 

あまりポケモンカードの環境において目立つデッキではありませんが、

モンスターをうまく展開することで圧倒的な耐久力を見せてくれるため、

なかなか面白い強さを見せてくれます!

 

今回はこちらのデッキの解説と、魅力をお伝えしたいと思います!

 





「タイレーツV・タイレーツ」のデッキレシピ

【デッキコード】nnLPPN-QcjxE5-LHggnL

【デッキレシピ】

【モンスター】

タイレーツV 4枚

タイレーツ 4枚

メタモンV 2枚

 

【グッズ】

クイックボール 4枚

タフネスマント 4枚

しあわせタマゴ

リセットスタンプ

ツールスクラッパー

ふつうのつりざお 2枚

タッグコール 4枚

ポケモンいれかえ 3枚

レベルボール 2枚

ふうせん

 

【サポート】

グズマ&ハラ 2枚

シロナ&カトレア 3枚

博士の研究 4枚

マリィ

ボスの指令

 

【スタジアム】

キルクス温泉 3枚

 

【エネルギー】

キャプチャーエネルギー 3枚

ツインエネルギー 4枚

ストーン闘エネルギー 4枚

基本闘エネルギー2枚

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■タイレーツV

このデッキにおいて、早くベンチに4体展開したいモンスターとなります。

このモンスターの数だけ、場のタイレーツ・タイレーツVの受けるダメージが

減るという強力な特性を持つので、早い段階で場に出し切ることで

相手にとってなかなかモンスターを倒しにくい状況を作り出すことができます。

 

なお、「ギガインパクト」というそこそこのダメージを与えられるワザを持ってはいますが、

エネルギー加速が難しいという観点から、

アタッカーとして活躍するケースはやや少なめとなります。

 

■タイレーツ

このデッキのメインアタッカーとなるモンスターです。

基本的には、場に「タイレーツV・タイレーツ」が揃っていない序盤は

「なかまをよぶ」で場を揃える動きを取り、

場が揃った後は「チームアタック」でダメージを与えていきます。

 

非GX・Vモンスターであるため、相手にサイドを1枚しか取られないので、

どうぐの「タフネスマント」などでHPを底上げし、

相手の攻撃1回だけで落とされないようにする戦い方をすることで

バトルを有利に展開することができます。

 

■メタモンV

タイレーツVがバトルで倒されてしまったときに、

いち早く場に復活させるために採用しているモンスターになります。

 

なお、このモンスターからバトルスタートしてしまった場合は、

できるだけ早くタイレーツVを1枚トラッシュに送って

このモンスターと入れ替える動きが求められます。

 

【グッズ】

■タフネスマント

タイレーツがタイレーツVの効果の恩恵をフルで受けると、

元のHP90と合わせて一撃で倒されてしまうラインが170ダメージになります。

これでも破格な耐久力ではあるのですが、

今のV, VMAX環境を考えるとやはり物足りない耐久力となるため、

このタフネスマントがあるだけで220ダメージまでの耐久

スタジアムの「キルクス温泉」や「ストーン闘エネルギー」などを合わせれば

さらに240, 260と耐久が上がりVMAX級の攻撃も耐えられる可能性が上がります。

 

各カードの効果の中でも、HPを50底上げできるタフネスマントは

このデッキでトップクラスに強力であるため、フルで4枚採用しています。

 

■しあわせタマゴ

■ふうせん

こちらはタフネスマントとは別で採用している「ポケモンのどうぐ」になります。

これらの道具は基本的には序盤でしか使用しないカードで、

このデッキの動きとして、基本的には最初のターンから「タイレーツ」を動かしていきたいので、

バトル場が「タイレーツV」であった場合はベンチに戻すために

「ふうせん」を優先的に持ってきて使用します。

 

また、サポートの「グズマ&ハラ」を使う影響で序盤に手札が少なくなりやすいので、

それを補いたいときは「しあわせタマゴ」を持ってきて

1体目の「タイレーツ」に装備させるという動きをするようにします。

 

■ふつうのつりざお

このデッキにおいて、基本のアタッカーは「タイレーツ」であり、

理想では「タイレーツ」を6体分バトルに出すことになるため、

倒された「タイレーツ」をトラッシュから回収する方法が必要となります。

 

そのため、その手段が絶たれないようにこのカードを2枚採用しています。

 

ただ、デッキの戻してから再度手札に持ってくる手順も必要となるため、

直接手札に加えられるサポートの「クララ」を代わりに採用することも可能です。

(サポート枚数のバランスもあるため、お好みに合わせて要調整)

 

■タッグコール

このデッキでは前述のような「タフネスマント」を早く使いたいという点や、

状況に合わせて好きな特殊エネルギーを手札に持ってきたいという点から、

サポートの「グズマ&ハラ」を初ターンから積極的に使っていきます。

 

そんな「グズマ&ハラ」を手札に加えられる可能性を上げるために、

こちらのタッグコールを4枚採用しています。

 

こちらのカード1枚に対して手札を2枚増やすことができるので、

「グズマ&ハラ」の手札コストの補充にもなり、相性が非常に良いです。

 

【サポート】

■グズマ&ハラ

「タッグコール」などの他のカードの項目で細かく説明していますが、

このデッキにおいて最も重要なサポートカードです。

「ポケモンのどうぐ」「特殊エネルギー」を非常に多用するデッキなので、

基本的には手札を2枚捨てて追加効果まで含めて、複数回使用します。

 

複数回使う想定ですが、「タッグコール」でいち早くサーチしたり、

「シロナ&カトレア」でトラッシュから回収することができるので、

採用枚数自体は2枚としています。

 

■シロナ&カトレア

デッキにタッグコールを4枚採用しているため、

サーチできるドローソースの一つとして採用しています。

 

タッグコールを4枚積んでいるのに対して、

TAG TEAMのカードが「グズマ&ハラ」とこのカードしかないため、

こちらのカードはあえて多めの3枚採用しています。

 

 

【スタジアム】

■キルクス温泉

このカードにより、タイレーツの耐久をさらに20上げることができます。

なお、グズマ&ハラを複数回使用する関係上、枚数は多めの3枚採用しており、

後半は手札コストとして使用するケースのほうが多いです。

 

【エネルギー】

■キャプチャーエネルギー

最序盤にいかに「タイレーツV」を場に出すかが勝負になるため、

このデッキにおいて一番最初に使用する可能性が高いエネルギーです。

 

なお、タイレーツが揃った後は優先度が低くなります。

 

■ツインエネルギー

タイレーツのワザである「チームアタック」をそのターンで

使用するために必要な重要なエネルギーです。

 

このエネルギーがないと攻撃に遅れが出てしまうので、

出番が最も多いエネルギーとなります。

 

■ストーン闘エネルギー

タイレーツの耐性を上げることができるエネルギーです。

基本は「ツインエネルギー」を使用することが多いですが、

場のモンスターのエネルギーに余裕があり、後続のタイレーツを育てる場合は

こちらのエネルギーを使用するという動きを取ると良いです。

 





以上、「タイレーツV・タイレーツ」のデッキ紹介でした!

 

要所要所で解説は入れていますが、

やはり最序盤の展開が重要になってくるデッキで、

展開に成功すれば強力な耐久力でバトルを有利に進めることができます。

 

また、基本の展開の流れはシンプルながらも、

早く展開する技術も必要で、使用感も非常に良いデッキとなっています。

 

タイレーツ・タイレーツV自体も特別高価なカードではありませんので、

興味がある方は是非組んでみて下さいね!

 

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です