レトロゲー「ラリーポイント」やってみた!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事は・・・

 

筐体

「Rally Point Time Attack(ラリーポイントタイムアタック)」というレトロゲーの紹介をします!

 

なんだこれ!!

 




「Rally Point Time Attack」について

プレーヤーが操作できるのは左下のスタートボタン中央のレバーだけというシンプルな見た目をしていますが、ゲーム性・遊び方もシンプルなものとなっております。

 

遊び方

  • スタートボタンを押すと右からボールが排出され、ゲーム開始
  • レバーと連動しているギミックにボールが当たると、ギミックがボールを強くはじき返します
  • はじき返したボールが上部の壁に当たるとスコアが1点加算される
  • ボールを下に落としてしまってもゲームは終了しないが、しばらくボールが戻らずタイムロスとなる
  • 制限時間内に20点以上獲得すれば景品をゲット
  • 制限時間が残り少なくなると・・・

 

 

この通り、ゲーム性はシンプルです。

ただし、ボールのはじき返す力が強いので結構慌ただしく難易度が高めなゲームとなっておりました。

 

今回はこちらのゲームを実際にプレーした動画を撮影しましたのでご紹介させて頂きます!

 




「Rally Point Time Attack」をプレーしてみた!

 

 




さいごに

いかがでしたでしょうか?

壁が迫ってくるなんて聞いてなかったよ!!

 

確かにギミックと壁との距離が短いほうがスコアは早く稼げそうですが近すぎ早すぎ全く追いつく気がしません。難しい!

 

ちなみに、こちらの「ラリーポイント」について色々調べてみましたがあまり情報を見つけることが出来ず、どのくらいの筐体数があるのか、稼働している店がどのくらいあるかも全く分からない状態です。

レトロゲーあるあるですね。

 

自分自身もまだ一度しか目にしたことがありませんので、もしお近くでこのゲームを見かけた方は是非一度プレーしてみてくださいね!

 

 

そんなわけで今回の記事は以上になります。

 

それではまた!

 

↓↓↓その他ゲーセン関連の記事はコチラから!↓↓↓
バナー_ゲーセン・アーケードゲームまとめ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です