1987年のレトロゲー「アフターバーナー」を遊んでみた!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事はレトロゲーの紹介です!

 

今回紹介するゲームは今年の1月に東京旅行へ行った際に、

SEGA秋葉原5号館に設置されていた・・・

 

「アフターバーナーII」になります!!

 

ぱっと見でレトロだとわかる筐体に、

手元についた操作レバーがつい気になってしまいます。

 

コチラのゲーム、いったいどのようなゲームなのでしょうか?

 

(↓東京旅行のときの記事はコチラ)

【東京旅行前編】ゲーセン!ポケセン!東京旅行へ行ってきました!

 





「アフターバーナーII」ってどんなゲーム?

コチラの「アフターバーナーII」は、

1987年にセガから販売されたアーケードゲームで、

パイロットになって戦闘機を操縦し、敵機の攻撃を避けながら

機銃とミサイルで倒していくというゲームとなっております。

 

手元のレバーはまさに戦闘機の操縦装置をイメージしたものなんですね。

 

販売された1987年はワタクシの生まれるより前なので当時の状況は詳しくわかりませんが、

当時、この「アフターバーナー」はアーケードの体感ゲームとしては

トップクラスの人気作と言われていたそうです。

 

しかし、現在の2020年から見たらもう33年前のゲーム

いくら人気ゲームだったといえども現在はなかなかお目にかかることはできません。

 

そんな「アフターバーナーII」をプレーする様子を撮影しましたので、

是非見て頂きたいと思います!(※プレイヤーはharaheriではありません)

 





アフターバーナーIIをプレーしてみた!

 

上記の動画が実際のプレーの様子です。

 

まず、なかなかのスピード感があるため初見はなかなかビックリします。

しかし、実際にプレーした人の感想によると、

その疾走感が気持ちよくて、プレーしていて非常に面白かったとのことです。

 

ただ、ゲームの難易度を上げているのもその疾走感、

ゲームがそもそも苦手な人だと、何もできずに終わってしまう可能性も

ありますのでそこのあたりの覚悟は多少必要かもしれません。

 

それでも、ゲームの内容やグラフィックも、

1987年のゲームというのを感じさせないくらいクオリティが高いので、

チャンスがあればぜひとも遊んでみて欲しい機種と言えます。

 





以上、「アフターバーナーII」の紹介でした。

 

今回は友人たちとの旅行の最中で、時間が限られていたので

残念ながら自分自身はプレーできませんでしたが、

チャンスがあれば自分自身で体験してみたいと思います!

 

また、今回の記事を書くにあたって、

「アフターバーナーII」に関していろいろ調べていましたが、

ガチ勢によってかなり攻略もされており、

そのプレー動画があることを知りました。

 

その動画がコチラ!

 

俺たちのやっていたゲームと違う

 

このスーパープレイには脱帽です。

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です