【大事故】強制ズボンのチャック全開の一日

とある日の朝、

 

いつものように会社に出社し、

「今日も仕事頑張るかァ・・・」なんて思いながら、

ひとまず便意がしたのでトイレへ向かいました。

 

そこで悲劇は起きました。

 

 

 





訪れた悲劇

!?

 

 

 

ズボンのチャックぶっ壊れたんですけど・・・

 

 

そこそこ長い間履き続けていたこちらのズボン、

チャックの噛み合わせの部分が欠けて隙間ができてしまい

スライダーが見事に抜けて強制チャック全開になりました。

 

直そうと試みましたが、全く修繕できる気配もなく、

 

 

haraheri

チャック全開で一日を過ごす覚悟を決めました。

 

 





壊れたチャックを何とかしろ!

ひとまずは職場の他の人にバレないように、

おパンティーが見えてしまわないように対策が必要です。

 

 

・・・

 

 

養生テープでチャックを留めました

なんとも雑な応急処置です。

 

しかしながらこれもかなり難しく

絶対開かないように思いっきりテープを貼ってしまうと、

「突如股間にテープを貼り付ける変態」になってしまいます。

 

そのため、シャツで隠せそうな上部にだけテープを貼りました。

 

 

ちなみに、ズボンの内側からテープを貼る作戦も行いましたが、

おしっこがしたくなった時に見事に詰みました。無理。

 

 

 





チャック全開を隠すコツ

チャック全開の一日でしたが、

姿勢よく直立でズボンの形を崩さなければ

ズボンのチャックが閉まっているように見せることが出来ました。

 

逆に、屈んだり座ったりすると社会の窓が

大きくパカっと御開帳してしまう状態になっていました。

 

仕事はデスクワークでほぼ座っている状態なのですが、

その間は机で隠れるのですごい安心感でした。

 

しかし、チャックが開きやすい状況がひとつ・・・

 

階段昇降やべえ!!必ず社会の窓がオープンする!!

 

チャックが強制全開になってしまった方は、

階段などでは手で隠すなどの補助をお勧めします。

(そもそもチャック強制全開される人がレア)

 





帰り道にも危険がいっぱい!

会社の人にはチャック全開であることはバレずに

無事に一日の仕事を終えたわけですが、

帰り道にも危険がたくさんありました。

 

 

電車内で座ったら間違いなくフルオープンじゃん・・・

 

職場でのノリで座りそうになりましたが、

この日は電車内では立って帰りました。(勃ってはいない)

 

チャック全開で電車に乗ると・・・

思考がマジで変態みたいになります。

 

 

おまけに仕事帰りの時間帯は学生も家に帰る時間帯、

街を歩く女の子たちの視線が気になって仕方がありません。

 

強制チャック全開、精神衛生上非常によろしくありません。

 

 





以上がチャック全開で過ごした一日の全貌でした。

 

本当に不便なので皆さんはチャックが壊れる前に

ズボンを買い替えてくださいね。

 

もちろん露出趣味の方も迷惑になるのでやめましょう。

 

 

それでは最後に、その日に勢いだけでつぶやいたネタを載せて

今回のクソ記事を締めさせていただきます。

 

 

ちなみに負けました。

 

 

それではまた!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です