下呂温泉・飛騨高山へ旅行してきました!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

先日、2020年3月7日~8日の期間に

岐阜県の飛騨高山下呂温泉へ旅行に行ってまいりました!

 

今回の旅行は、日本三名泉と称される下呂温泉を楽しむための宿泊をベースに、

ついでに岐阜県にある観光地の一つである「飛騨高山の町」を見てきました!

 

今回の記事では、その下呂温泉・飛騨高山旅行の内容をお伝えしたいと思います!

 





飛騨高山の町へ行ってきた!

先月に購入した新車が納車されたばかりでしたので、

今回の旅行は車で下道だけを通って名古屋から高山、

そして高山から下呂へ移動して宿泊、といったルートで旅をしてきました。

 

名古屋から高山までの車の移動時間は、

休憩時間を含めておよそ4時間ほどかかりました。

 

友人から、「下呂温泉行くならついでに飛騨高山観光もいいよ!」

と、聞いておりましたので、高山観光をすることに決めたのですが、

下呂から高山間でも約1時間半かかりましたので、

気軽ではなく少しだけ気合が必要な距離ではありました。

 

そんなこんなで気合を入れて辿り着いた飛騨高山の町ですが、

 

江戸時代以来の城下町・商家町の姿が維持されているため、

文化的な建物がとても多いです!

 

海外からの観光客も多く、「飛騨の小京都」と呼ばれているそうです。

 

なので、色々な歴史的建造物を見たり、

飛騨牛といったグルメを楽しむのが主流だそうですが、

今回のワタクシの飛騨高山での目的は少し違いました。

 

ワタクシの飛騨高山でのメインターゲットは・・・

 

「飛騨高山レトロミュージアム」です!

【飛騨高山レトロミュージアムのHPはこちら!】

 

こちらは、まるで昭和映画セットのような雰囲気が楽しめるレジャー施設となっており、

「観る・撮る・遊ぶ」というキャッチフレーズを掲げています。

 

様々なレトロなアイテムの展示を見て良し!

 

独特な雰囲気をSNSにアップして楽しんで良し!

 

そんなレアな展示で遊んで良し!

 

・・・といった、レトロゲームなどが好きな人には

たまらない観光施設になっています!

 

こちらの「飛騨高山レトロミュージアム」は、

まだまだ書きたいことが山ほどあるので別記事にて改めて紹介予定です!

 

そんなわけで、こちらの施設で飛騨高山の観光時間をほとんど費やしました。

超おススメです。

 





下呂温泉「山形屋」に宿泊!

飛騨高山観光を楽しんだ後、

下呂温泉「山形屋」という旅館で宿泊をしました!

 

【「山形屋」のHPはこちらから】

 

こちらの「山形屋」に到着するなり、

素敵な接客をして頂き、雰囲気の良いお部屋に案内していただけました。

 

外に見える景色は山と川と鉄道、そして古めの建物!

ちょっとした秘境に訪れた気分になりました。

 

そんな山形屋のおすすめポイント、

まずは料理が素敵!!

 

とてもおしゃれで美味しい料理がたくさん出てきました!

自分が野菜嫌いであることが惜しくなりましたね・・・

 

そしてやはりこちらの地域と言えば・・・

 

飛騨牛ですよね

 

至福のひと時でした。

 

 

・・・もちろん料理だけでなく、

下呂といえば温泉!お風呂も最高でした!

 

追加料金を支払って貸し切り風呂も借りちゃった!!

 

流石にサイズはそこまで大きくはないですが、

下呂温泉を独り占めできる感覚は最高でした!

 

貸し切りでプライベートな空間になりますので、

夫婦やカップルにはもってこいなサービスではないでしょうか?

 

なお、貸し切り風呂ではなく大浴場もれっきとした下呂温泉なので、

無理に借りなくても問題ありません。

大浴場でも下呂温泉の源泉を楽しめます!

 

自分は夜・朝で貸し切り風呂と大浴場を合わせて計3回も楽しみました。

お風呂だけで総計3時間近く過ごしたのでさすがにのぼせました。

 

お風呂好きはマジで下呂温泉に行こう。

 

 





1泊だけでしたので、あっという間に下呂温泉での滞在時間は終わってしまいました。

2日目は残念ながら悪天候となってしまいましたが、

豪華な朝食が頂けて素敵な一日の始まりとなりました。

 

2日目は、特に何も予定はありませんでしたので、

体を休めるためにもゆっくりと車を運転して帰りました。

 

今回の飛騨高山・下呂温泉への旅行はなかなか充実した旅になりました。

温泉が好きな方であれば、是非おススメしたいですね!

 

ただし、山奥にあるため、下道だけの車の運転だとそこそこ疲れますので、

体調管理に気を配ったりしないといけないところには注意です。

 

道中はほとんど田舎で山ばかりで何もありませんでしたので、

休憩タイミングが難しく感じました。

 

あとは、飛騨高山の周辺のガソリンスタンドは

ガソリン価格がかなり割高設定になっていましたので、

観光出発前にしっかりと給油しておくこともオススメです。

 

そんなわけで今回の記事は以上となりますが、

最後に車で移動している道中で気になったこと

一つ紹介して記事を締めたいと思います。

 

・・・

 

 

山の中の人口が少ない場所のコンビニ、

「釣り餌」売ってる場所がいくつかあったんだけど売れるの・・・?

 

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です