【ポケカ】シティリーグに参加してきました!

皆様こんにちは。

haraheriでございます。

 

 

4月10日(土)、ポケモンカードジムで4シーズンに分けて開催される

中規模公認大会であるシティーリーグに参加してきました!

 

 

ポケモンカードでジムバトルに参加してみた!

以前の記事のように、何度かポケモンカードジムのイベントには参加しましたが、

今回のようなポケモンワールドチャンピオンシップスへの出場権や

公式からの賞品が関わってくるようなガチな大会には参加したことが無かったので、

今回がせっかくのチャンスだと思い、嫁と友人の3人でシティリーグに参加してみました!

 

 

今回参加した友人は身内の中でも特にポケカで勝ちにこだわる男で、

プレーのパフォーマンスが上がるように朝に糖分摂取用のバナナを買って

共有してくれるくらいウキウキでした。

 

当然自分もワクワクしながら参加しましたので、

今回はそのレポートを書かせて頂きたいと思います!

 





シティリーグでの使用デッキ

【デッキコード】y2UMyM-RhBa2w-EppySp

【デッキレシピ】

 

今回使用したデッキは、過去にもこちらのブログで紹介した

お気に入りの「ルカメタザシアン」を環境に合わせて調整を加えたものになります。

 

【ポケカ】「ルカメタザシアン」のデッキレシピを紹介!

以前のデッキと比較すると、タッグコールを採用してタッグチーム系の

サポートを多く積むようなベースの構成に変更しました。

 

このように変更したのは、現在流行っている「ビクティニVMAX」や

「各種炎タイプ系」のデッキに対抗するために、

「コーティング鋼エネルギー」や「タフネスマント」、

「混沌のうねり」をいち早く手札に加えることのできる

グズマ&ハラを採用することを目的としています。

 

また、その他のモンスターを厳選しています。

 





試合内容

【1試合目(勝)】vs 三神ザシアン

1試合目は環境デッキの代表ともいえる

「三神ザシアン」とのバトルとなりました。

 

自分の使用デッキである「ルカメタザシアン」では、

三神の強力なワザである「アルティメットレイ」を

打たれるのを防ぐために、ルカリオ&メルメタルの

「フルメタルウォールGX」をぶつけてエネルギーをトラッシュするのが

理想的な戦い方となります。

 

今回の試合では、対戦相手のエネルギー加速が遅れた影響で

「オルタージェネシスGX」がすぐに発動されず、

それに対してきちんと「フルメタルウォール」を使用して

場のエネルギーを枯渇させたことにより勝利することができました!

 

【2試合目(勝)】vs ダークパーフェクション

2試合目は今流行りの「ダークパーフェクション」との対戦になりました。

試合では、相手が場に早い段階でガラルファイヤーとマニューラGXを出せていたのですが、

こちらの使用したマリィの影響で相手が手札事故を起こして展開が止まってしまったため、

その隙にエネルギーをたくさん抱えているモンスターを倒して勝ちの流れとなりました。

 

このような展開があることを考えると、

やはり「マリィ」「リセットスタンプ」は重要な存在と改めて認識させられますね。

 

【3試合目(負)】vs マルヤクデVMAX

2連勝をし、あと1勝で決勝トーナメントが濃厚になるであろう展開でしたが、

ついに弱点である炎タイプのデッキに当たってしまいました。

 

こちらも先行ターンからかなり順調な展開を見せたものの、

相手も後攻1ターン目に「ボルケニオン」の「フレアスターター」で

しっかりマルヤクデのエネルギーをモリモリと強化してきました。

 

これに対して、こちらはマルヤクデVMAXが活躍できないように

場を「ザマゼンタV」だけで戦うことで残り少ないサイドを守っていましたが、

途中でベンチの「ドータクン」をボスの指令で呼び出され倒されてしまったことにより

他モンスターへのスイッチもうまく出来なかったため、

その猶予の実感の間に相手がヒードランGXを場に出されて

ザマゼンタを倒されて負けてしまいました。

 

「ザマゼンタV」を使用したプレイングはうまくいったのですが、

決め手となるほかのモンスターを準備できなかったのが敗因となりました。

次からの課題となります。

 

【4試合目(負)】vs ビクティニVMAX+パーフェクション

まだ決勝トーナメント出場の可能性のある大事な4戦目

運悪く弱点である今流行りの「ビクティニVMAX」のデッキとマッチングしてしまいました。

 

序盤はきちんと「ビクティニVMAX」対策として積んでいた

「コーティング鋼エネルギー」と「タフネスマント」をしっかりと

ザシアンVに装備させた状態に展開することができたのですが、

相手の手札も良く、「ボスの指令」と「ツールスクラッパー」

揃っていたことにより、準備中のザシアンVが倒され遅れを取り、

その後は前の試合と同じく「ザマゼンタV」で立ち回ったのですが、

相手の「レシラム&リザードンGX」を抑えることができず負けとなりました。

 




大会成績・シティリーグ感想

2勝2敗 全30人中13位

 

 

今回、シティリーグに初参加させて頂きましたが、

やはり参加者がそれぞれ強力なデッキを持ち寄って

バトルに参加していましたので、

普通のジムバトルと比べて厳しい戦いになる展開が多かったです。

 

また、前述のとおり、今回のシティリーグには嫁や友人も参加しており、

嫁は「いちげきウーラオスVMAX」のデッキで3勝1敗と好成績だったのですが、

唯一の1敗が1試合目であったため、OMW率(対戦した相手の勝率)が低くなってしまい、

惜しくも予選9位でギリギリ決勝トーナメントには進めない結果になっていました。

 

スイスドロー形式では、基本的には勝率の高いプレイヤー同士がマッチするため、

初戦で負けてしまうと、OMW率が下がってしまい順位が下がる要因となるので、

今回初めて参加して、想像以上に初戦が重要であることを知りました。

 

そう考えると、最初の2試合で2連勝していた自分は、

やはりあと1勝できていれば決勝トーナメントが濃厚だったと考えると、

やはりちょっと悔しい気持ちもありますが、

しっかりと最後まで真剣にバトルすることができて非常に楽しかったです!

 

また次のシーズンでもぜひ参加したいところです。

 





以上、シティーリーグに参加してきたレポートでした!

 

自分の好きなデッキで挑戦し、ある程度のバトルで勝つこともでき、

シティリーグを非常に楽しむことができました!

 

また、参加者はやはり同じポケモンカード好きであるため、

試合の合間の待ち時間にお互いのデッキについてお話したりもできました。

 

こういった交流もガチな大会の楽しみなのかもしれませんね!

 

このようなガチな大会に参加することによって

新たな発見や経験を積むことができるので、

もしポケモンカードを始めてからこのような大会に

参加したことが無い方がいましたら、

ぜひ一度勇気を出して挑戦してみて下さいね!

 

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 

 

 

 

 

 

結果報告を弟にしたらバチクソ煽られました(白目)




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です