【ポケカ】「アーマーガア(モクナシイオルブポリゴンZ)」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回の記事はポケモンカードのデッキレシピ紹介記事になります!

 

なお、今回紹介するデッキはいつもと違って完全なネタデッキです。

そのデッキ名は・・・

 

「アーマーガアモクナシイオルブポリゴンZ」です

 

かつて、まだ”B”マークのカードが使用できていた時に、

「テンガン山」というスタジアムと

ジバコイルの特性「マグネサーキット」を使用して

アーマーガアの「くろがねのつばさ」の追加効果を

毎ターン使用して戦うデッキを持っていたのですが、

レギュレーションの変更で「テンガン山」と「ジバコイル」が

使えなくなってしまい、デッキが組めなくなってしまっておりました。

 

しかし、アーマーガアは自分の好きなポケモン

何とかしてデッキを復活させたい・・・

 

今回はそんな勢いだけで構成したデッキの紹介と

解説をしていきたいと思います!

 





「アーマーガア(モクナシイオルブポリゴンZ)」のデッキレシピ

【デッキコード】p3XpMp-8dN5IB-SMpSpy

【デッキレシピ】

【モンスター】

アーマーガア 4枚

イオルブ 2枚

レドームシ 2枚

サッチムシ 3枚

モクロー&アローラナッシーGX 2枚

ポリゴンZ 2枚

ヤレユータン

 

【グッズ】

ポケモン通信 4枚

タッグコール 4枚

ポケモンいれかえ 3枚

ふうせん 2枚

ふつうのつりざお 1枚

リセットスタンプ 1枚

 

【サポート】

博士の研究 2枚

マリィ 2枚

とりつかい 2枚

グズマ&ハラ  2枚

シロナ&カトレア 1枚

マオ&スイレン 1枚

ボスの指令

 

【スタジアム】

頂への雪道 3枚

 

【エネルギー】

基本鋼エネルギー 5枚

リサイクルエネルギー 4枚

トリプル加速エネルギー 4枚

キャプチャーエネルギー 2枚

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■アーマーガア

このデッキのメインアタッカーです。

基本的にはワザの「くろがねのつばさ」の追加効果を

毎回使う立ち回りが求められますので、

エネルギーは鋼エネルギーを1枚、

残りはリサイクルエネルギーを付けて、

追加効果を使う際はリサイクルエネルギーをトラッシュし、

手札に戻してループさせる動きが理想となります。

 

■イオルブ

アーマーガア、ポリゴンZなどの2進化ポケモンを

場に出すための唯一の手段となります。

最速で後攻2ターン目から「エボルコントロール」を

トリプル加速エネルギーと組み合わせて使用し、

キーとなる2進化モンスターを展開するのが理想となります。

 

■モクロー&アローラナッシーGX

ワザの「スーパーグロウ」でいち早く

サッチムシをイオルブに進化させるために使います。

逆にそれ以外では使いません。

 

■ポリゴンZ

アーマーガアにエネルギーを供給し続けるために

特性の「クレイジーコード」を使います。

 

イオルブで2進化ポケモンを場に出す際は

最低限1体以上場に出すことが必須となります。

 

■ヤレユータン

イオルブモクロー&アローラナッシーGX

場に出したいモンスターは基本山札から持ってくることになるため、

手札に来てしまったモンスターを山札に戻すための

手段として1枚採用しています。

 

【グッズ】

■ポケモン通信

ヤレユータンと同じ理由で、モンスターを山札に戻せることが

このデッキにおいて大きなメリットなので、

クイックボールではなくポケモン通信を優先的に採用しています。

 

■タッグコール

後攻1ターン目にモクロー&アローラナッシーGXの「スーパーグロウ」で

サッチムシをイオルブまで進化させる動きを決める可能性を

かなり引き上げてくれるカードなので4枚のフル採用です。

 

■ポケモンいれかえ

■ふうせん

バトル場に出したいモンスターがタイミングごとに

頻繁に入れ替わるので、ポケモンを入れ替えるための

手段は多めに採用しています。

これ以外にも「あなぬけのひも」などの採用も可能です。

 

【サポート】

■とりつかい

■マオ&スイレン

「ポケモンいれかえ」や「ふうせん」と同じく、

バトル場のモンスターの入れ替え手段として採用しています。

 

なお、マオ&スイレンは中盤以降にアーマーガアのHP回復のために

追加効果を使用するケースもあります。

 

■グズマ&ハラ

後攻1ターン目の「スーパーグロウ」を決めるために

かなり活躍してくれるサポートですが、

山札から特殊エネルギーをサーチできるのがこのデッキでは重要で

序盤だけではなく、中盤以降でも使用するケースもあります。

 

【スタジアム】

■頂への雪道

ルールを持つポケモンの特性を使うことがないので採用しています。

 

このスタジアム以外では、アーマーガアのワザのエネルギーのために

「トキワの森」を採用するのも有効です。

 

【エネルギー】

■基本鋼エネルギー

アーマーガアの「くろがねのつばさ」が最低1つ

鋼エネルギーを要求するワザであるため、

バトルに使うアーマーガアの数に合わせて調整が必要となります。

 

なお、グズマ&ハラでサーチできる「コーティング鋼エネルギー」

混ぜて利用するのも有効です。

 

■リサイクルエネルギー

アーマーガアの「くろがねのつばさ」でトラッシュする際に活用するエネルギーです。

場が整っていればこのエネルギーが2枚あるだけで安定して

ワザを打つことができるのでフルで4枚採用です。

 

■トリプル加速エネルギー

基本はイオルブの「エボルコントロール」を活用するために使用します。

なお、それ以外でもポリゴンZが場にいなくて

アーマーガアのエネルギーの装着が間に合わないときや、

手札にリサイクルエネルギーが不足しているときに

カバーする役割もできるので、こちらもフルで4枚採用です。

 

■キャプチャーエネルギー

最序盤のターンで場に「モクロー&アローラナッシーGX」と

「サッチムシ」を揃えられる可能性を高められるエネルギーです。

 

ただし、基本的には最初のターンだけしか使用することがなく、

使う場合はグズマ&ハラでサーチすることがほとんどであるため

2枚だけの採用としています。

 

 





デッキの使い方!

●基本は後攻を取る

このデッキが一番最初に行いたいことが

「イオルブ」を場にスタンバイすることになります。

その最速パターンが、後攻1ターン目にモクロー&アローラナッシーGXの

ワザの「スーパーグロウ」で進化させることなので、

基本的には後攻を取っていきます。

 

 

●まずはイオルブを場に出す動きをする

このデッキのメインアタッカーはイオルブの

ワザでしか場に出せないので、前述の後攻を取る理由の通り、

モクロー&アローラナッシーGXとサッチムシを場に出し、

「スーパーグロウ」を打つことを最初に行ってください。

 

 

●イオルブのワザでアーマーガアとポリゴンZを場に出す

このデッキでは、イオルブの「エボルコントロール」でしか

アーマーガアとポリゴンZを場に出すことができません。

 

そのため、1回でできるだけ多く場に場に出すために、

「エボルコントロール」を打つ際にたくさんエネルギーを付けるようにします。

 

そのため、初ターンは可能な限りサッチムシにエネルギーを1つ

「エボルコントロール」を使うターンには

必ず「トリプル加速エネルギー」をつけるようにします。

 

これにより、3~4体の2進化モンスターを場に出せるので、

1体はポリゴンZ、残りはアーマーガアを場に出すようにします。

 

 

●アーマーガアのくろがねのつばさを毎ターン打つ

アーマーガアの「くろがねのつばさ」は、

追加効果のエネルギーを2個トラッシュすることで

次に受けるダメージを”-100″できる強力な効果があります。

 

この効果を連続して使うために、

ポリゴンZの特性「クレイジーコード」で

1ターンに「リサイクルエネルギー」を2個付け、

「くろがねのつばさ」のトラッシュするエネルギーに使います。

 

効果でトラッシュした「リサイクルエネルギー」は

手札に戻ってくるので次のターンも同じ動きができる、

というのがこのデッキの戦い方のベースとなります。

 

 





以上、現状のレギュレーション下で

「アーマーガア」を活躍させるためのデッキの紹介でした。

 

使ってみると、意外と理想パターンである

アーマーガアの「くろがねのつばさ」を

毎ターン打つところまでは持っていけます。

 

しかしながら、様々なコンボを要求する仕組みであるがゆえ、

決して強いデッキとは言えません。

 

ただ、レギュレーション”B”が終了と共に

活躍させることが難しくなってしまっていた「アーマーガア」を

再びバトルに使うことができたので個人的には満足です!

 

今回のデッキはなかなかオススメできるものではありませんが、

「アーマーガア」が好きでどうしても使いたいという方

是非参考にしてみて下さいね!(非常にニッチ)

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です