【ポケカ】「ジュラルドンVMAX」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回もポケモンカードのデッキレシピ紹介記事です

 

今回紹介するデッキは・・・

 

デッキ写真

「ジュラルドンVMAX」です!

 

拡張パック「摩天パーフェクト」の表紙を飾るジュラルドンVMAXですが、そのジュラルドンVMAXを有効活用できるデッキを検討してみましたので、そのデッキレシピの紹介と解説をしていきたいと思います!

 





「ジュラルドンVMAX」のデッキレシピ

デッキレシピ

【デッキコード】LgLiLN-IDzwRY-N9gnLn

枚数 カード名
【モンスター】
3 ジュラルドンVMAX
3 ジュラルドンV
3 ザシアンV
1 ザマゼンタV
2 ドータクン
2 ドーミラー
1 ヤレユータン
1 クロバットV
1 ガラルサンダーV
【グッズ】
4 クイックボール
4 ポケモン通信
4 ポケモンいれかえ
4 メタルソーサー
1 ツールスクラッパー
1 リセットスタンプ
【サポート】
4 博士の研究
3 マリィ
3 ボスの指令
2 モミ
【スタジアム】
2 混沌のうねり
【エネルギー】
4 オーロラエネルギー
7 基本鋼エネルギー

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■ジュラルドンVMAX

バトル中盤以降に最も活躍するこのデッキのメインアタッカーです。

特殊エネルギーがついているモンスターから一切ダメージを受けないという強力な特性を持っているのが特徴で、ワザの「キョダイフンサイ」に関しても常に220ダメージが出すことができます。

要求されるメインのエネルギーが鋼エネルギーでかつ進化ポケモンであることから、ドータクンモミを組み合わせた耐久・回復のコンボと相性が良く、このデッキではその戦略を使っていきます。

 

■ジュラルドンV

摩天パーフェクト収録のドラゴンタイプのジュラルドンV以外に、「Vスターターデッキ鋼」に収録されている鋼タイプのジュラルドンVがあります。

今回のデッキ構成ではジュラルドンVMAX以外は鋼ポケモンをメインで構築しているためメタルソーサーを4枚採用しており、その効果の対象とできるため、鋼タイプのジュラルドンVを採用しています。

 

なお、「いちげきエネルギー」など利用するモンスターを主体に組む場合は、ドラゴンタイプのジュラルドンVがオススメとなります。

 

■ザシアンV

このデッキのバトルの最初から最後まで活躍する機会のあるメインアタッカーです。

今回のデッキのコンセプトは「ジュラルドンVMAX」ですが、ジュラルドンVMAXはバトルの準備に時間がかかるのと、中盤以降に耐久・回復していく動きをとるため、序盤ではアタッカー・エネルギー加速・手札補充のすべてを一体で担うことができるザシアンVが優先して使用されます。

序盤にザシアンVで戦いつつジュラルドンVの戦う準備を整え、中盤以降バトンタッチしていくのが一番の理想形となりますが、ザシアンVは終盤でも十分に活躍できる場合もありますので、状況によってはザシアンV主体の戦い方に切り替えるのも手となります。

 

■ザマゼンタV

VMAXモンスターからワザのダメージを受けないという特性「ふくつのたて」により、このモンスターだけで相手の動きを止めることができる場合があるため1枚だけ採用しています。

 

■ドータクン

特性「メタルトランス」で場の鋼エネルギーを好きなモンスターに付け変えることができるので、できる限り早く場に出したいモンスターになります。

特にこのデッキでは、ダメージを負ったジュラルドンVMAXについているエネルギーを回復対象ではない別のモンスターに付け替えてからサポート「モミ」を使用してノーコストで全回復するというコンボを狙っていきます。

 

また、「メタルトランス」は「オーロラエネルギー」も効果の対象とできるため、「ガラルサンダーV」などに付け替えることでサブアタッカーへのスムーズなバトンタッチをすることも可能です。

 

■ヤレユータン

序盤はザシアンV主体で戦っていくことになるため、ザシアンVの特性「ふとうのつるぎ」で確実にエネルギー加速を成功させるために採用しています。

しかしながら、それ以外に極端な重要な役割は無いため、好みに応じて採用するカードを変えても問題ありません。

 

■ガラルサンダーV

「オーロラエネルギー」を採用しているデッキであるため、サブアタッカーとして採用しています。

しかしながら、相手モンスターの特殊エネルギーをトラッシュしてしまうことにより、ジュラルドンVMAXの特性「まてんろう」の対象から外れてしまう場合があるので取り扱いには注意です。

 

【グッズ】

■ポケモンいれかえ

ザシアンVのワザを連続で打ちたい場合があることと、逃げるためのエネルギーが重ためのモンスターが多いため、「ポケモンいれかえ」は多めの枚数を採用しています。

 

■メタルソーサー

鋼エネルギーの加速手段であるため、4枚のフル採用としています。

 

【サポート】

■モミ

「ドータクン」の解説にも記載したように、ジュラルドンVMAXのHP回復を目的として採用しています。

今回は2枚しか採用していませんが、ジュラルドンVMAXを耐久させることに強く特化させたい場合は最大の4枚採用まで検討する余地はあると思います。

 

【エネルギー】

■オーロラエネルギー 4枚

ジュラルドンVMAXのワザに必要な闘エネルギーを満たすための枠として採用しています。

これ以外には、「基本闘エネルギー」「いちげきエネルギー」などの採用が考えられますが、どちらもザシアンVのワザのエネルギーとして使えない、ドータクンのメタルトランスの対象とならない、といったデメリットがあるので、汎用性が高い「オーロラエネルギー」を優先採用しています。

 





さいごに

以上、「ジュラルドンVMAX」デッキの紹介でした!

 

基本的には、長らく活躍を続けている「ザシアンV」を使う鋼タイプのデッキであるので、ジュラルドンVMAXだけが常に活躍し続けるということはほぼないデッキではあります。

しかしながら、特性「まてんろう」は強力で、一部のデッキに対してはかなり有利に立ち回ることができるので、ジュラルドンVMAXメインに切り替えるタイミングは相手によって切り替えるのが良い戦略となります。

 

こちらのデッキは、鋼デッキを使いたい人にはオススメしやすいデッキの一つでありますので、興味のある方は是非組んでみて下さいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です