【ポケカ】「サーナイトVMAX・ゲンガー(ライフシェイカー)」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回もポケモンカードのデッキレシピ紹介記事をお送りします

 

今回紹介するのは・・・

 

デッキ写真

「サーナイトVMAX・ゲンガー(ライフシェイカー)」です!

 

ポケモンの世界において圧倒的な人気を誇る「サーナイト」ですが、現状のポケモンカードではやや使い方が悩まれるモンスターであまりデッキを見かけることはないかと思われます。

 

しかしながら、個人的に「サーナイトVMAX」を楽しく使えるデッキを考え愛用をしておりましたので、その解説をしたいと思います!

 





「サーナイトVMAX・ゲンガー(ライフシェイカー)」のデッキレシピ

デッキレシピ

【デッキコード】8Gx8xD-lgfcR0-cD4Gxc

枚数 カード名
【モンスター】
2 サーナイトVMAX
2 サーナイトV
3 ゲンガー
1 ゴースト
3 ゴース
1 ミュウツー
1 ギラティナ
1 クレセリア
1 クロバットV
1 ヤレユータン
【グッズ】
4 クイックボール
4 霧の水晶
2 しんかのおこう
3 ポケモン通信
4 回収ネット
3 ふしぎなアメ
1 大きなおまもり
4 エール団のおうえんタオル
【サポート】
4 博士の研究
4 マリィ
1 ボスの指令
【スタジアム】
1 混沌のうねり
【エネルギー】
1 キャプチャーエネルギー
8 基本超エネルギー

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■サーナイトVMAX

■サーナイトV

このデッキのメインアタッカーになります。

デッキのコンセプトが回復・耐久型となっているため、バトル中にVMAXを1体しか使用しない場合もあります。

 

そのため、今回のレシピでは「VMAX 2枚 – V 2枚」の超ギリギリ構築となっていますが、安定感を求めるのであれば3枚ずつの構築としても問題はないと思います。

 

■ゲンガー

特性「ライフシェイカー」を持つゲンガーで、このデッキにおいて最も重要なモンスターとなります。

このモンスターの特性で、メインアタッカーのサーナイトVMAXに乗っているダメカンをほかのモンスターに移すことでサーナイトVMAXが倒されないように立ち回ることができるようになります。

 

なお、ダメカンは他の「GX・Vではない超タイプのポケモン」に気絶する直前ギリギリまで移し替えます。

その後、ダメカンを移したポケモンを回収ネットで手札に戻すことでダメカンを無かったことにするという動きを取ります。

■ミュウツー

■ギラティナ

このデッキは回収ネットを多用するため、手札から出したときに発動する強力な特性を持つ超タイプのたねポケモンを採用しています。

なお、場から多くのダメカンを取り除くためにも、ミュウツー・ギラティナといったHP高めのたねポケモンは非常に相性が良いと言えます。

 

■クレセリア

このデッキではサーナイトVMAXに対するエネルギーの加速手段が非常に乏しいので、状況によってはクレセリアの「クレセントグロウ」を使う場合があります。

 

ただし、エネルギー加速よりも「ゲンガーを場に出すこと」が優先されるため、このために後攻を取る必要はありません。

 

なお、クレセントグロウが使えなくてもそもそもHPが高いたねポケモンであるため、回収ネットでの回復コンボに使用もしやすいです。

■ヤレユータン

このデッキでは、ゴースをゲンガーに進化させるために使う「ふしぎなあめ」などの手札のコントロールや、ミュウツーの「マインドリポート」でトラッシュから山札の一番上に戻したサポートを手札に入れ替えるのにヤレユータンの特性「さるぢえ」が非常にマッチするので採用しています。

 

【グッズ】

■クイックボール

■霧の水晶

■しんかのおこう

■ポケモン通信

このデッキでは確実に「サーナイトVMAX」と「ゲンガー」を場に揃える必要があるので、ポケモンのサーチ系のカードはかなり多くの枚数を採用しています。

なお、エネルギーを付けられないターンを可能な限り無くすために、霧の水晶で超エネルギーを持ってくる場合も多々あります。

 

■回収ネット

本来であれば場のポケモンを手に戻すためのカードですが、このデッキでは「モンスターのHP回復」という目的で利用します。

状況によって使い方は変わりますが、手札から場に出したときに効果を発動する「ミュウツー」や「ギラティナ」といったモンスターにギリギリまでダメカンを乗せた状態での使用がベストになります。

 

■大きなおまもり

このデッキにおいて一番辛い展開が「サーナイトVMAXが一撃で倒されること」であるため、最大HPを底上げするためにも優先して採用しています。

 

■エール団のおうえんタオル

サーナイトVMAXのHPを回復させることを目的に使用します。

なお、回収ネットのコンボのほうが回復量が多いので、序盤で手札に来てしまった場合は無理にキープする必要はありません。

 

【サポート】

■博士の研究

■マリィ

■ボスの指令

このデッキのサポートは汎用的なもののみを採用しています。

ただ、ミュウツーの特性「マインドリポート」でトラッシュのサポートを回収することができるので、ボスの指令はあえて1枚だけのギリギリ構成にしています。

 

【スタジアム】

■混沌のうねり

このデッキでは特に採用したいスタジアムがないので「混沌のうねり」を採用しています。

その他には「頂への雪道」などを採用することも可能です。

 

【エネルギー】

■キャプチャーエネルギー

サーナイトのワザに必要なエネルギーが一つは無色エネルギーでも良いので「キャプチャーエネルギー」を採用しています。

 

なお、サーナイトVMAXは鋼弱点を持ってしまっているため、現状の環境に存在する「ザシアンV」などのことを考えると「ウィークガードエネルギー」を優先しても良いかと思われます。

 

■基本超エネルギー

基本的にはサーナイトVMAX2体分のエネルギーがあれば回せるので採用枚数は少なめにしています。

 





デッキの使い方!

●初ターンは可能な限り場に「サーナイトV」と「ゴース」を場に出す

このデッキはゲンガーの特性「ライフシェイカー」が使える状態でないとまともに戦えないので、早く進化させるためにもゴースは初ターンから場に展開していきます。(複数体の展開がオススメ)

 

また、サーナイトVMAXはエネルギー加速手段がクレセリアの「クレセントグロウ」を除くと基本的には1ターンに1回までの手貼りだけであるため、ワザを使い始められるのが最速3ターン目と起動が遅いです。

この起動がさらに遅れてしまうことはなんとしても防ぎたいので、ゴースの展開に加えて、1ターン目からエネルギーを「サーナイトV・VMAX」に毎ターン付け続けられるように立ち回ることが重要となります。

 

●サーナイトVMAXとゲンガーが準備できた後の動き

基本的にはサーナイトのダメージはターン終了時に0になるように調整をしたいので、ゲンガーの「ライフシェイカー」でサーナイトVMAXのダメージが50以下になるようにダメカンを

別のモンスターに移動させ、残ったダメージをサーナイトVMAXのワザの「ダイキュアー」で回復させます。

 

●ダメカンを移したモンスターを回収ネットで手札に戻す

ゲンガーのライフシェイカーでダメカンを移す際は「ミュウツー」や「ギラティナ」といった非V・GXのモンスターにHPギリギリいっぱいまで移し、そのダメカンの乗ったモンスターを回収ネットで手札に戻すことで疑似的にHPを回復します。

このコンボを活用することでサーナイトVMAXが常にHPが満タンの状態を保つように戦います。

 





さいごに

以上、「サーナイトVMAX・ゲンガー」デッキの紹介でした!

 

コンボを必要とするデッキであるため、なかなか勝率を上げることは難しいですが、一度場を完成させてしまえば相手はサーナイトVMAXを一切対処できなくなる状況にすることもできるので、勝ったときは達成感があり使っていて楽しいデッキです!

 

ただ、現状の構築ではで課題となるベンチ攻撃対策や弱点対策ができていないので、また今後もデッキの調整は行っていこうと思います!

皆様も是非色々な構築を考えてみて下さいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です