ポケモンカード

【ポケカ】「ヒスイゾロアークVSTAR」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

今回もポケモンカードのデッキレシピ紹介をしていきます

今回紹介するデッキは・・・

アイキャッチ

「ヒスイゾロアークVSTAR」です!

強化拡張パック「ダークファンタズマ」の表紙を飾る看板ポケモンをであるヒスイゾロアークVSTARですが、ワザのダメージが自分の場のダメカンが乗っているポケモンの数によって変化するという少し珍しいポケモンとなっていました。

使用感が非常に気になるポケモンだと思いますので、今回はヒスイゾロアークVSTARのデッキレシピの紹介と解説をしていきます!

【PR】ポケカのデッキパーツを揃えるなら・・・

カードショップ -遊々亭-

すぐにデッキを組みたい方は日本最大亭規模のトレカ専門の通信販売ショップ「遊々亭」での一括購入がオススメ!
送料無料・即日発送・ポイント還元などのユーザーに嬉しいサービスもあります!




「ヒスイゾロアークVSTAR」のデッキレシピ

デッキレシピ_220506

【デッキコード】xc8cxY-56rXq1-c8c8Gc

枚数 カード名
【モンスター】
3 ヒスイゾロアークVSTAR
4 ヒスイゾロアークV
1 インテレオン(クイックシューター)
2 インテレオン(うらこうさく)
4 ジメレオン(うらこうさく)
4 メッソン(どんどんよぶ)
1 ゲンガー(ならくのうらもん)
1 マナフィ(なみのヴェール)
【グッズ】
3 クイックボール
3 レベルボール
4 しんかのおこう
1 ハイパーボール
1 ポケモンいれかえ
2 回収ネット
1 こだわりベルト
2 大きなおまもり
1 ダメージポンプ
【サポート】
2 博士の研究
3 マリィ
2 ボスの指令
1 ツツジ
1 チェレンの気くばり
【スタジアム】
4 大口の沼
1 頂への雪道
【エネルギー】
4 ダブルターボエネルギー
3 キャプチャーエネルギー
1 基本水エネルギー




デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■ヒスイゾロアークVSTAR

■ヒスイゾロアークV

ヒスイゾロアークVSTARはこのデッキのメインアタッカーであり、ワザ「のろいをきざむ」で相手のポケモンにダメージを与えていきます。

ワザ「のろいをきざむ」は自分の場のダメカンが乗っているポケモンの数×50ダメージとなるため、このデッキでは自分の場のポケモンに少しずつダメカンが乗った状態を作り出すことが重要となります。

■ゲンガー(ならくのうらもん)

特性「ならくのうらもん」により、ゲンガーがトラッシュにあれば自身にダメカンが3個乗った状態で場に出すことができます。

また、グッズ「ダメージポンプ」とあわせることで、自分の場にダメカンが乗った状態のポケモンを一気に3匹に増やすことが可能となるため、ヒスイゾロアークVSTARと非常に相性が良いです。

■インテレオン(クイックシューター)

■インテレオン(うらこうさく)

■ジメレオン(うらこうさく)

■メッソン(どんどんよぶ)

このデッキでは、ピンポイントに手札に加えたいカードが多いため、「うらこうさく」のポケモン一式を採用しています。

■マナフィ(なみのヴェール)

このデッキは自分の場のポケモン全体にダメカンを乗せていくコンセプトになっている上、「うらこうさく」のポケモンを採用しているため非常にベンチ攻撃を苦手とします。

そのため、ベンチ攻撃への対策として特性「なみのヴェール」を持つマナフィを採用しています。

【グッズ】

■クイックボール

■レベルボール

■しんかのおこう

■ハイパーボール

このデッキでは「うらこうさく」のポケモンを採用しているため、レベルボールしんかのおこうを中心としたポケモンサーチ系のグッズを採用しています。

また、ゾロアークVSTARやゲンガーなどのサーチのためにしんかのおこうは厚めの採用、ハイパーボールも採用することがオススメとなります。

■ポケモンいれかえ

■回収ネット

このデッキでは、「うらこうさく」のポケモンを再利用できるという点から回収ネットを優先して採用しています。

ただ、ヒスイゾロアークV・VSTARを入れ替えたい場面もあるので、通常のポケモンいれかえも少数採用しています。

■こだわりベルト

メインアタッカーのヒスイゾロアークVSTARのワザの打点は基本50の倍数となるため、相手のポケモンVをギリギリ倒せないというケースが起こる可能性があるため、打点の強化と調整のためにこだわりベルトを採用しています。

■大きなおまもり

ヒスイゾロアークVSTARの最大HPを上げるために採用しています。

サポート「チェレンの気くばり」と合わせて耐久を重視したい場合はこだわりベルトよりも優先的に採用します。

■ダメージポンプ

自分の場のポケモンに乗っているダメカンを散らし、ヒスイゾロアークVSTARのワザのダメージを上げることを目的として使用します。

ただし、複数回使うケースは非常に稀であり、「うらこうさく」でサーチすることが可能であるため、採用枚数は1枚のみとしています。

【サポート】

■博士の研究

■マリィ

■ボスの指令

■ツツジ

■チェレンの気くばり

メインアタッカーのヒスイゾロアークVSTARが無色タイプであるため、汎用的なサポートに加えて「チェレンの気くばり」を採用しています。

今回のレシピでは耐久をそこまで重視していないため、1枚だけの採用としていますが、構築次第では枚数を増やすことも視野となります。

【スタジアム】

■大口の沼

大口の沼は手札からたねポケモンを出したときにそのポケモンにダメカンを強制的に2個乗せるスタジアムになります。

基本は両プレイヤーにとってデメリットとなる効果なのですが、ヒスイゾロアークVSTARとは非常に相性が良く、最も簡単にヒスイゾロアークVSTARのワザの打点を上げることができるため、初ターンから高確率で引くためにも4枚フル採用としています。

■頂への雪道

中盤以降であればヒスイゾロアークVSTARの特性を止められてもあまり大きな影響はなく、さらに「うらこうさく」のポケモンでサポート「ツツジ」と合わせてサーチがしやすいので、頂への雪道をピンポイントで採用しています。

【エネルギー】

■ダブルターボエネルギー

メインアタッカーのヒスイゾロアークVSTARのワザに必要なエネルギーが無色2個であるため、1ターンでワザを使用可能にできるダブルターボエネルギーは4枚フル採用としています。

■キャプチャーエネルギー

ヒスイゾロアークVSTARのワザに必要なエネルギーが無色だけであるため、序盤の場の展開を安定させることができるキャプチャーエネルギーを採用しています。

■基本水エネルギー

このデッキで採用している特性「うらこうさく」を持つインテレオンをアタッカーとして使用することができるようになるため、基本水エネルギーを少数採用しています。




さいごに

以上、「ヒスイゾロアークVSTAR」デッキの紹介でした!

ヒスイゾロアークVSTARデッキは、他のデッキでは無いような動きを要求されるためか、なかなか取り扱い難易度が高めであり、初心者などには使いにくいポケモンになっているかなと感じました。

しかしながら、ヒスイゾロアーク自体が魅力なポケモンであり、デッキ構築にもまだまだ工夫ができるポイントが非常に多いと思いますので、興味を持った方はぜひ挑戦してみて下さいね!

そんなわけで今回の記事は以上となります。

それではまた!

バナー_デッキレシピまとめ
サプライ関連記事まとめ
バナー_カード売り方解説
バナー_初心者オススメ記事まとめ

【すべてのポケモンカード関連記事はコチラからアクセス!】




-ポケモンカード
-