ポケモンカード

【ポケカ】「レジギガス(こだいのえいち)」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

今回もポケモンカードのデッキレシピ紹介をしていきます

今回紹介するデッキは・・・

アイキャッチ

「レジギガス(こだいのえいち)」です!

拡張パック「タイムゲイザー」拡張パック「スペースジャグラー」で、レジギガスをはじめとしたレジ系のポケモンが一通り収録されましたが、そのレジギガスの特性の使用条件が"「レジロック」「レジアイス」「レジスチル」「レジエレキ」「レジドラゴ」が場に出ていること"という前代未聞の条件となっており、デッキとして組んだ時にちゃんと機能するのか非常に気になるカードデザインになっておりました。

今回は、このレジギガスのデッキを実際に組んで検証してみましたので、そのデッキレシピや採用カードの解説をしたいと思います!

【PR】ポケカのデッキパーツを揃えるなら・・・

カードショップ -遊々亭-

すぐにデッキを組みたい方は日本最大亭規模のトレカ専門の通信販売ショップ「遊々亭」での一括購入がオススメ!
送料無料・即日発送・ポイント還元などのユーザーに嬉しいサービスもあります!




「レジギガス(こだいのえいち)」のデッキレシピ

デッキレシピ_220401

【デッキコード】gPLLLn-uI7bCv-PHgQnn

枚数 カード名
【モンスター】
3 レジギガス(こだいのえいち)
2 レジドラゴ(ドラゴンエナジー)
1 レジドラゴ(りゅうのひほう)
2 レジエレキ(ターゲットボルト)
1 レジエレキ(テラスパーク)
2 レジロック(ギガインパクト)
2 レジアイス(ブリザードバインド)
2 レジスチル(ヘビーボンバー)
【グッズ】
4 クイックボール
4 ハイパーボール
4 回収ネット
3 しあわせたまご
1 こだわりベルト
2  ふつうのつりざお
【サポート】
4 博士の研究
2 バーネット博士
3 ボスの指令
【スタジアム】
3 嵐の山脈
1 頂への雪道
【エネルギー】
4 オーロラエネルギー
4 ツインエネルギー
4 キャプチャーエネルギー
1 ラッキーエネルギー
1 基本草エネルギー




デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■レジギガス(こだいのえいち)

このデッキでは、レジギガスの特性「こだいのえいち」を使って自分の場のポケモンにエネルギーを加速することで初めてワザを使うことが可能となるため、レジギガスは最も重要なシステムポケモンであり、レジギガスをはじめとしたレジ系のポケモン一式を場にいちはやく揃えることが重要となります。

エネルギー加速が一番の目的ではありますが、VMAXポケモンに対して300ダメージを出すことができるワザ「ギガントブレイク」は非常に強力であるため、アタッカーとして活躍するケースも多くなります。

■レジドラゴ(ドラゴンエナジー)

ワザ「ドラゴンエナジー」はダメージを受けていなければ最大240点の高火力を出すことができるワザであるため、アタッカーとしての使用頻度の高いポケモンになります。

■レジドラゴ(りゅうのひほう)

特性「りゅうのひほう」は、このレジドラゴがバトル場にいれば自分の手札が4枚になるまで山札引くことができる効果を持っており、手札が不足しやすいこのデッキにおいては活躍できるケースがあるため、アタッカーの「ドラゴンエナジー」のレジドラゴとは別で採用しています。

■レジエレキ(ターゲットボルト)

ワザ「ターゲットボルト」は相手のベンチポケモン1体に120ダメージを与えることができるため、相手のシステムポケモンを倒したい時に積極的に使用するアタッカーです。

■レジエレキ(テラスパーク)

ワザ「テラスパーク」はバトル場のポケモンに120ダメージを与えながら、相手のベンチポケモン2匹にも40ダメージを与えることができます。「ターゲットボルト」を持つレジエレキより活躍する頻度は少ないですが、複数のポケモンにダメージ調整を行いたい時は活躍できる場合があります。

■レジロック(ギガインパクト)

基本的にはアタッカーとしては活躍しないポケモンであるため、レジギガスの特性「こだいのえいち」のために最低限の2枚採用をしています。

なお、序盤にワザ「レジゲート」を使う可能性はあります。

■レジアイス(ブリザードバインド)

基本的にはアタッカーとしては活躍頻度の少ないポケモンであるため、レジギガスの特性「こだいのえいち」のために最低限の2枚採用をしています。

なお、序盤であればワザ「レジゲート」、相手がVポケモンである場合にワザ「ブリザードバインド」を使用する場合があります。

■レジスチル(ヘビーボンバー)

基本的にはアタッカーとしては活躍しないポケモンであるため、レジギガスの特性「こだいのえいち」のために最低限の2枚採用をしています。

なお、序盤にワザ「レジゲート」を使う可能性はあります。

【グッズ】

■回収ネット

このデッキにおいては、「回収ネット」をポケモンいれかえの手段として使用したり、場のレジギガスを一度手札に戻して場に出し直すことで特性「こだいのえいち」を複数回使用するといった使い方ができます。

■しあわせたまご

このデッキではポケモンを使ったドロー手段やサーチ手段が少なく手札が不足しやすいため、手札の補充手段のために「しあわせたまご」は多めの枚数を採用しています。

■ふつうのつりざお

このデッキでは、順当にポケモンを倒されると必要なレジ系のポケモンが不足してしまう可能性が高いため、トラッシュに落ちたポケモンを再利用するために「ふつうのつりざお」を採用しています。

【サポート】

■バーネット博士

レジギガスの特性「こだいのえいち」の効果の対象にするために、「オーロラエネルギー」がトラッシュに2~3枚落ちている必要があるため、山札から好きなカードをトラッシュに送ることができるサポート「バーネット博士」を採用しています。

【スタジアム】

■嵐の山脈

このデッキでアタッカーとして使用する頻度の高い「レジドラゴ」と「レジエレキ」をサーチすることができるので、「嵐の山脈」は多めの枚数を採用しています。

■頂への雪道

このデッキではルールを持つポケモンを採用していないので「頂への雪道」を採用していますが、安定感を上げるためには「嵐の山脈」のほうが優先すべきスタジアムとなります。

【エネルギー】

■オーロラエネルギー

このデッキではアタッカーとして使用するポケモンが必要とするエネルギーがそれぞれ違うため、どのエネルギーでも対応ができる「オーロラエネルギー」は最も重要なエネルギーであるため4枚フル採用しています。

■キャプチャーエネルギー

このデッキではレジ系の6種類のポケモンを確実に場に揃える必要があるのに対し、山札からポケモンをサーチできる上に、ワザのためのエネルギーとしても活用が可能なキャプチャーエネルギーは非常に相性が良いため、4枚フル採用としています。

■ツインエネルギー

このデッキのアタッカーとなるポケモンのうち、レジギガスはワザ「ギガントブレイク」に必要となるエネルギーが5個と非常に大きいですが、こちらのツインエネルギーを採用することでワザ「ギガントブレイク」の使用を可能とすることができます。

■ラッキーエネルギー

アタッカーのポケモンに付けておくと、ダメージを受けた時に山札を1枚引くことができるため、手札不足を防ぐことを目的として少数枚採用できるエネルギーとなります。

■基本草エネルギー

使用頻度の高いアタッカーのレジドラゴのワザ「ドラゴンエナジー」に限っては必要な3つのエネルギーに無色が含まれていないため、オーロラエネルギーだけだとエネルギーを揃える難易度が高くなります。

そのため、安定感を高めるために基本草エネルギー(炎でもOK)を追加で採用しています。




さいごに

以上、「レジギガス(こだいのえいち)」デッキの紹介でした!

個人的な感想としては、今回収録されたカードを使ったデッキの中でも一番プレイしていて楽しいデッキだと思いました。

ちゃんと展開できた時には強いデッキに対しても勝てるようなパワーがあることも非常に良いポイントだと言えます!

ただ、レジギガスの使用条件が厳しいがゆえに、「崩れたスタジアム」でベンチに出せるポケモンが制限されてしまう効果のカードや、ベンチ攻撃などには一切の対策のしようがないといったあまりにも大きな弱点を抱えている点には注意が必要ですが、新しい感覚のバトルを楽しみたい人にとっては非常にオススメできるデッキだと思いますので、興味がある方は是非組んでみて下さいね!

そんなわけで今回の記事は以上となります。

それではまた!

バナー_デッキレシピまとめ
サプライ関連記事まとめ
バナー_カード売り方解説
バナー_初心者オススメ記事まとめ

【すべてのポケモンカード関連記事はコチラからアクセス!】




-ポケモンカード
-,