【ポケカ】「ニンフィアVMAX」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回もポケモンカードのデッキレシピ紹介記事です

 

今回紹介するデッキは・・・

 

デッキ写真

「ニンフィアVMAX」です!

 

かわいいビジュアルで非常に人気があり、カードとしても程よくパワーもあるため、ポケカにおいても多くの人にデッキを組まれている「ニンフィアVMAX」ですが、自分もデッキを組んで使ってみましたので、その構築やカードの解説をしたいと思います!

 





「ニンフィアVMAX」のデッキレシピ

デッキレシピ

【デッキコード】xxJ4cY-FcbWyP-8x8GxG

枚数 カード名
【モンスター】
3 ニンフィアVMAX
3 ニンフィアV
2 オクタン
2 テッポウウオ
1 バスラオ
1 デデンネGX
1 クロバットV
1 ヤレユータン
1 コロトックV
1 ワタシラガV
1 ゼラオラV
1 ファイアローV
【グッズ】
4 クイックボール
4 ポケモン通信
2 ポケモンいれかえ
2 リセットスタンプ
1 ツールスクラッパー
3 リボンバッジ
【サポート】
3 博士の研究
2 マリィ
2 コルニの気合い
3 ボスの指令
【スタジアム】
3 みずの塔
【エネルギー】
4 れんげきエネルギー
4 キャプチャーエネルギー
2 トリプル加速エネルギー
3 スパイラルエネルギー

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■ニンフィアVMAX

ベンチにいるモンスターのタイプの種類だけ攻撃力が上がるモンスターで、強力な相手のモンスターに対しては基本的には2回の攻撃で倒していく動きをとります。

ベンチに4種類のタイプのモンスターがいれば190ダメージが出せるので、2回でVMAXモンスターを十分に倒せるラインの380ダメージを出せるので、この数を目指して動くことが多いです。

 

■オクタン

ニンフィアが「れんげきモンスター」であることと、このモンスターが水タイプでベンチのモンスターの種類を増やすのにも活躍するので採用しています。

 

■バスラオ

相手のモンスターに乗ってるダメカンの数だけダメージを与えられるモンスターで、ニンフィアVMAXが相手モンスターを倒しきれなかった際にそれをカバーする役割を持っています。

れんげきエネルギー1枚で起動できる上、返しの相手ターンで取られるサイド枚数も1枚だけとなるため、奇襲やサイド枚数の調整に役立てることができます。

 

■デデンネGX

■クロバットV

■ヤレユータン

■コロトックV

■ワタシラガV

■ゼラオラV

■ファイアローV

これらはベンチのモンスターのタイプを増やすために採用しており、基本的には単体でどのデッキでも活躍できるモンスターを積極的に採用しています。

今回は安定性を重視しているのもあり、タイプが被っているモンスターもありますが、好みに合わせてモンスターを削ったり増やしたりしてもOKです。

 

【グッズ】

■ポケモン通信

ベンチに並べるモンスターの種類をコントロールする必要があり、場合によっては温存したいモンスターも多いため、モンスターをデッキに戻す選択肢を重視して積極的に採用しています。

 

■ポケモンいれかえ

メインアタッカーのニンフィアに関してはスタジアムの「みずの塔」で入れ替えをすることができますが、れんげきモンスター以外をボスの指令などで引き出されたときに対応できなくなるケースがあるので、こちら入れ替え手段をある程度の枚数を採用をしています。

 

■リボンバッジ

ニンフィアVMAXの一番強力な要素がこちらのどうぐで、ニンフィアVMAXが倒されたときに取られるサイドの枚数が2枚になるため、最大2体倒されてもまだバトルを続行することが可能となります。

そのため、可能であればニンフィアVMAX2体分にこちらのどうぐを装備させたいので、サイド落ちやツールスクラッパーなどの対策として最低3枚は採用する方針としています。

 

【サポート】

■コルニの気合い

モンスターに「れんげきサーチ」のオクタンを採用していますので、サーチの選択肢としてこちらのカードを少し加えて安定感を高めるようにしています。

 

【スタジアム】

■みずの塔

メインアタッカーのニンフィアがれんげきモンスターであるため、モンスターの入れ替え手段として多めに採用しています。

相手のスタジアムを止めることをメインに使いたい場合は、こちらのカードではなくポケモン入れ替えを増やし「混沌のうねり」を採用するのもアリです。

 

【エネルギー】

■れんげきエネルギー

ニンフィアVMAX・バスラオ・ゼラオラVなどのモンスターのエネルギー加速として重要であるため、4枚のフル採用としています。

 

■キャプチャーエネルギー

ニンフィアVMAXのワザの要求エネルギーが無色3個となるため、場にモンスターを展開したいというデッキの性質上、こちらのカードを多めに採用しています。

 

■トリプル加速エネルギー

ニンフィアVMAXにエネルギーが全く付いていない場合もこのエネルギー1枚でワザを打つことを可能にできるので少数採用しています。

 

■スパイラルエネルギー

ニンフィアVMAXのエネルギーとしてはもちろんですが、今回採用しているゼラオラVのワザを使えるようにすることができるので採用しています。

ただ、使用するモンスターに限りがあれば基本エネルギーなどを採用したほうが安定するケースもあります。

(このデッキで基本雷エネルギーに置き換えても大きな支障はありません)

 





さいごに

以上、「ニンフィアVMAX」デッキの紹介でした!

 

そこそこのカードパワーがあるのが良いのはもちろんですが、様々なタイプのモンスターを使って立ち回っていくので他のデッキでは味わえない感覚があり、使っていて非常に面白いデッキだと思います!

 

しかし、今回紹介したデッキを使用していると、エネルギー加速が間に合わないケースがあるなど、まだまだ課題点を抱えています。

それに対しては、ガラルファイヤーVを採用した基本悪エネルギーを主体とした構成にするといった様々な解決策があると思いますので、皆様も工夫してオリジナルなニンフィアVMAXデッキを組んでみて下さいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です