【ポケカ】「サンダースVMAX・イオルブVMAX」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回はポケモンカードのデッキレシピ紹介記事です

 

今回紹介するデッキは・・・

 

デッキ写真

「サンダースVMAX・イオルブVMAX」です!

 

イーブイヒーローズ発売と同時に販売されたVMAXスペシャルセットに収録されている入手難易度の高い「サンダースVMAX」ですが、こちらは自分が好きなポケモンであり、このカードを使ったデッキに興味がありましたので集めて組んでみました!

 

さらにそんな時に、ポケモンカードプレイヤーの友人たちから「身内だけでイーブイヒーローズ限定大会をしよう!」という提案があったので、そんな環境下での立ち回りを意識しつつデッキをしっかりと丁寧に調整しましたので、今回はそのデッキレシピを解説したいと思います!

 





「サンダースVMAX・イオルブVMAX」のデッキレシピ

デッキレシピ

【デッキコード】8JDc8x-tFmHCm-xcxYcY

枚数 カード名
【モンスター】
3 サンダースVMAX
3 サンダースV
3 イオルブVMAX
3 イオルブV
1 クロバットV
1 ガラルサンダーV
1 ガラルジグザグマ
1 ミュウ
1 デデンネGX
【グッズ】
4 クイックボール
2 ポケモン通信
2 ポケモンいれかえ
2 あなぬけのひも
1 ツールスクラッパー
1 リセットスタンプ
3 エレメンタルバッジ
2 Uターンボード
【サポート】
3 博士の研究
2 マリィ
3 とりつかい
2 モミ
3 ボスの指令
【スタジアム】
2 ターフスタジアム
1 頂への雪道
【エネルギー】
2 キャプチャーエネルギー
3 オーロラエネルギー
4 スピード雷エネルギー
1 基本雷エネルギー

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■サンダースVMAX

このデッキのメインアタッカーです。

ワザの「ダイジンライ」に必要となるエネルギーが雷1・無1と少ないため、専用のどうぐである「エレメンタルバッジ」と合わせて1ターンで攻撃可能にする動きを多くとります。

 

また、このワザでベンチ攻撃するモンスターは相手の場によっても変化しますが、残りのサイド枚数的に都合が良ければデデンネGXやクロバットV、システム系のモンスターを狙うことで

有利にバトルを進めることが可能です。

 

■イオルブVMAX

サンダースVMAXの「ダイジンライ」 でベンチのモンスターにダメージを与えたい場合、対象のモンスターにダメカンが乗っている必要があります。

そんなベンチのモンスターにダメカンを乗せる手段にイオルブVMAXの特性「かいこうせん」を使います。

 

今回はグレイシアVMAXのようなロック系モンスター対策にイオルブVでも攻撃するケースがあることを想定して調整をしていたためイオルブラインは3枚ずつ積んでいますが、「かいこうせん」は1回打てるだけで十分に戦えますので2枚ずつの採用としても問題ありません。

 

■ガラルサンダーV

相手のデッキがVポケモンを大量に展開する場合に活躍します。

このデッキ自体があまり多くのエネルギーを要求しないため、「オーロラエネルギー」と合わせて採用することでバトル相手に合わせて柔軟に戦うことができます。

 

■ガラルジグザグマ

イオルブVMAXの「かいこうせん」が準備できていないときに、こちらのモンスターの特性「かんしゃくヘッド」を使って相手のポケモンにダメカンを乗せることができるように補助的に1枚採用しています。

 

【グッズ】

■ポケモン通信

スタジアムに「ターフスタジアム」を多めに採用しているので、「しんかのおこう」よりもこちらの「ポケモン通信」を優先的に採用しています。

 

■ポケモンいれかえ

■あなぬけのひも

イオルブVMAXの「かいこうせん」を使いやすくするようにポケモンの入れ替え手段は多めに採用しています。

なお、ベンチ攻撃が主体となるデッキであるため、「あなぬけのひも」は積極的に採用しています。

 

■エレメンタルバッジ

サンダースVMAXのエネルギー加速に使用できる重要なポケモンのどうぐになります。

最低限バトルするサンダースVMAXの数だけ必要となりますが、確実に早い段階で手札に加えて使用できるようにするために多めに採用するのもオススメです。

 

■Uターンボード

サンダースVMAX以外のポケモンのほとんどが逃げるためのエネルギーが1つであることと、ポケモンの入れ替えがしやすい状況を作りやすいほうが回しやすいデッキであるためこちらのカードを採用しています。

 

【サポート】

■とりつかい

ポケモンの入れ替え手段を増やすために採用しています。

 

■モミ

メインアタッカーのサンダースVMAXの要求エネルギーが少ないため、こちらのカードと相性が抜群です。

イオルブVMAXを一時的に相手のワザを受ける盾として使用し、その後にベンチに下げてモミでHPを回復することでボスの指令やベンチ攻撃をケアする立ち回りにも有効です。

 

【スタジアム】

■ターフスタジアム

今回はイオルブVMAXを多めに採用しているのでそれに合わせてターフスタジアムを多めに採用をしていますが、構成によっては「しんかのおこう」などに変えたほうが良いケースもあると思われます。

 

■頂への雪道

イオルブVMAXの特性「かいこうせん」は序盤には必要ですが、中盤以降は毎ターン使う必要がないので、相手に合わせてこちらのスタジアムで相手の動きを妨害することが可能なのでピンポイントで採用をしています。

 

【エネルギー】

■キャプチャーエネルギー

このデッキのアタッカーのワザに必要なエネルギーに無色エネルギーが含まれるため採用しています。

環境によっては「ウィークガードエネルギー」などの違ったエネルギーの採用も可能です。

 

■オーロラエネルギー

ガラルサンダーVイオルブVMAXなども攻撃ができるようにこちらのエネルギーを採用しています。

 

■スピード雷エネルギー

このデッキでは基本的に雷エネルギーが基本エネルギーである必要はないので4枚フル採用しています。

 





さいごに

以上、「サンダースVMAX・イオルブVMAX」デッキの紹介でした!

 

実際に使ってみると、少ないエネルギーでベンチにそこそこのダメージを与えられるサンダースVMAXの強さを実感できるデッキです!

しかしながら、「ベンチバリアミュウ」などのベンチ攻撃対策がされていると苦戦することになりますので、そのあたりを意識した構築・戦略をとることが大切になります。

 

そういった意味でもプレイイングの磨き甲斐があり、使っていて手ごたえのあるデッキになっていますので、興味のある方は是非組んでみて下さいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です