ポケモンカード

【ポケカ】「サンダースVMAX(うらこうさく型)」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回はポケモンカードのデッキレシピ紹介をしていきます

 

今回紹介するデッキは・・・

 

アイキャッチ

「サンダースVMAX(うらこうさく型)」です!

 

過去にサンダースVMAXを楽しく使うためにイオルブVMAXと組み合わせたデッキを作って紹介しましたが、ポケモンカードの環境変化とともにサンダースVMAXが非常に強力なデッキの一つとして台頭してきました。

今回、ワタクシharaheriの好きなポケモンである「サンダースVMAX」を今後のバトルで長く積極的に使うために特性「うらこうさく」のポケモンをベースとしたガチ構築をしてみましたので、そのデッキの紹介や解説をしていきたいと思います!

 

【PR】ポケカのデッキパーツを揃えるなら・・・

カードショップ -遊々亭-

すぐにデッキを組みたい方は日本最大亭規模のトレカ専門の通信販売ショップ「遊々亭」での一括購入がオススメ!
送料無料・即日発送・ポイント還元などのユーザーに嬉しいサービスもあります!




「サンダースVMAX(うらこうさく型)」のデッキレシピ

デッキレシピ

【デッキコード】5VkFfV-KHEqEb-FfwVVk

枚数 カード名
【モンスター】
3 サンダースVMAX
3 サンダースV
2 ガラルジグザグマ
1 インテレオン(うらこうさく)
2 インテレオン(クイックシューター)
4 ジメレオン
4 メッソン
1 クロバットV
【グッズ】
3 クイックボール
4 レベルボール
2 しんかのおこう
1 ハイパーボール
4 回収ネット
3 エレメンタルバッジ
1 ツールスクラッパー
1 エネルギー転送
【サポート】
3 博士の研究
2 マリィ
2 ボスの指令
2 モミ
1 キバナ
【スタジアム】
4 頂への雪道
【エネルギー】
4 スピード雷エネルギー
3 基本雷エネルギー

 




デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■サンダースVMAX

このデッキのメインアタッカーです。

ワザの「ダイジンライ」に必要となるエネルギーが雷1・無1と少ないため、専用のどうぐである「エレメンタルバッジ」と合わせて1ターンで攻撃可能となります。

また、「ダイジンライ」でベンチ攻撃するモンスターは相手の場によっても変化しますが、序盤であればシステム系のモンスターを狙いつつ、サイド6枚を最速でぴったり取れるようなバトルプランを検討することが重要となります。

 

■ガラルジグザグマ

サンダースVMAXのワザ「ダイジンライ」の効果の対象モンスターにはダメカンが乗っている必要があるため、バトルの最序盤にはこちらのガラルジグザグマの特性「かんしゃくヘッド」を使用して「ダイジンライ」の対象にしたいベンチモンスターにダメカンを乗せていきます。

サンダースVMAXの最初の攻撃時点で「ダイジンライ」のワザの効果をきちんと使えるかどうかがバトルの勝敗に大きく影響することになるため、サイド落ちをケアした2枚採用としています。

 

■インテレオン(うらこうさく)

■インテレオン(クイックシューター)

■ジメレオン

■メッソン

このデッキでは「エレメンタルバッジ」や「モミ」などのピンポイントで手札に加えたいトレーナーズカードが多いことと、インテレオンの特性「クイックシューター」で相手の場のポケモンにダメカンを乗せる効果が非常にサンダースVMAXと相性が良いため、特性「うらこうさく」のラインのポケモンを採用しています。

 

【グッズ】

■クイックボール

■レベルボール

■しんかのおこう

このデッキにおいては「うらこうさく」のポケモン一式を採用しているため、レベルボールを中心として多くのポケモンサーチ系のカードを採用しています。

 

■ハイパーボール

本来は「しんかのおこう」の採用でも問題ないのですが、クロバットVの特性「ナイトアセット」を使う前の手札調整のためや、メインアタッカーの進化前の「サンダースV」をサーチできる可能性を上げるために1枚だけハイパーボールを採用しています。

 

■回収ネット

このデッキでは「うらこうさく」のポケモンや「ガラルジグザグマ」などの複数回特性を使いたいモンスターが多いため、回収ネットを4枚のフル採用としています。

なお、バトル場にルールを持たないモンスターがいるときはポケモンいれかえの代わりとして活用することも可能です。

 

■エレメンタルバッジ

サンダースVMAXのエネルギー加速に使用できる重要なポケモンのどうぐになります。

最低限バトルするサンダースVMAXの数だけ必要となりますが、確実に早い段階で手札に加えて使用できるようにするために多めに採用するのもオススメです。

 

■エネルギー転送

手札にエネルギーが無いときに特性「うらこうさく」でこちらの「エネルギー転送」を手札に加えることによって基本エネルギーをサーチすることが可能となります。

このデッキではエネルギーの採用枚数が少なめなので、エネルギー転送を1枚採用しておくことでエネルギー不足時に対応がしやすくなります。

 

【サポート】

■モミ

サンダースVMAXのHPを回復するために採用しています。

サンダースVMAXが「エレメンタルバッジ」を装備することでエネルギー1つだけで「ダイジンライ」を使うことができるため、エネルギーをトラッシュするコストの影響がそこまで大きくないので相性が良いサポートと言えます。

 

■キバナ

中盤以降にエネルギーが不足しているときに使用するサポートになります。

サンダースVMAXが「ダイジンライ」に必要なエネルギーは2個だけなので、「エレメンタルバッジ」がなかったとしても「キバナ」を使うことで1ターンで「ダイジンライ」を打つことが可能になります。

 

【スタジアム】

■頂への雪道

このデッキで「頂への雪道」の影響を受けるモンスターはクロバットVだけで、基本は「うらこうさく」のポケモンを活用するため、相手の動きを積極的に妨害するために4枚フル採用としています。

 

【エネルギー】

■スピード雷エネルギー

雷モンスターにエネルギーをつけるだけで山札を2枚引くことが可能であり、このデッキが戦う上で特殊エネルギーが障害となるケースが少ないので4枚フル採用としています。

 




さいごに

以上、「サンダースVMAX(うらこうさく型)」デッキの紹介でした!

 

実際に使用してみたところ、想像以上に強力なデッキで今後活躍が見込めるデッキだと思いました!

サンダースが好きな自分にとっては大満足です!

 

弱点である闘デッキが相手だと厳しいという課題や、サンダースVMAXが高価で入手しにくいという問題も抱えていますが、魅力の詰まったデッキだと思いますので、興味がある方はぜひデッキを組んで遊んでみて下さいね!

 

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 

バナー_デッキレシピまとめ
サプライ関連記事まとめ
バナー_カード売り方解説
バナー_初心者オススメ記事まとめ

【すべてのポケモンカード関連記事はコチラからアクセス!】




-ポケモンカード