【ポケカ】「れんげきウーラオスVMAX」のデッキレシピを紹介!

皆様こんにちは、

haraheriでございます。

 

今回もポケモンカードのデッキレシピ紹介をしていきます

 

今回紹介するデッキは・・・

 

デッキ写真

「れんげきウーラオスVMAX」です!

 

現在、ポケモンカードにおいて環境の中心で活躍しているれんげきウーラオスVMAXですが、研究も兼ねてデッキを触っておりましたので、今回はその内容をお伝えしていきたいと思います!

 





「れんげきウーラオスVMAX」のデッキレシピ

デッキレシピ

【デッキコード】6ngL6g-3o9Y6e-ngnigL

枚数 カード名
【モンスター】
3 れんげきウーラオスVMAX
3 れんげきウーラオスV
1 チャーレムV
1 ガラルサンダーV
1 インテレオン(うらこうさく)
3 インテレオン(クイックシューター)
4 ジメレオン
4 メッソン
1 ジラーチGX
1 デデンネGX
1 ナゲツケサル
1 ミュウ
【グッズ】
3 クイックボール
3 レベルボール
3 しんかのおこう
1 ポケモンいれかえ
2 あなぬけのひも
1 くろおび
1 望遠スコープ
1 リセットスタンプ
【サポート】
4 博士の研究
3 マリィ
2 ボスの指令
1 キバナ
【スタジアム】
2 みずの塔
1 頂への雪道
【エネルギー】
4 れんげきエネルギー
4 基本闘エネルギー

 





デッキの一部カードの解説!

【モンスター】

■れんげきウーラオスVMAX

当然ですがこのデッキのメインアタッカーです。

1エネで打てるワザの「しっぷうづき」を使う際は可能な限り追加効果ありで150ダメージ与えることを狙っていきます。

最も強力なワザである「キョダイレンゲキ」はバトル場やベンチのすべてのモンスターを対象にダメージを与えていくことができますが、エネルギーを全部トラッシュするというコストがあるため、無計画に連打するとエネルギーが枯渇してしまう場合があります。

このモンスターの最大打点が前述の「しっぷうづき」の150ダメージしか出ないことも考慮すると、相手のモンスターをどのように倒してサイド6枚を取りきるかという計画性が重要となります。

ベンチを攻撃できるという強みを生かして、勝つために倒すモンスターの数を最小限に抑えることがプレイングのカギとなります。

 

■チャーレムV

相手の盤面に応じて、ワザの「ヨガループ」を決めて連続で自分のターンを続けるために活用するモンスターです。

「ヨガループ」でダメージを与える手段が、相手の場の好きなモンスターにダメカンを2個乗せる効果であるため、このデッキが苦手とする「ベンチバリアミュウ」などを標的とするケースが多いです。

ただ、こちらのモンスター自体でループを決めても、手札や場が揃っていないと勝利の決め手とならないケースがそこそこあるため、他の戦略を捨てて無理やりヨガループを狙うという立ち回りはしないよう注意が必要です。

 

■ガラルサンダーV

このデッキでは基本闘エネルギーを採用しており、相手のデッキによってはローコストで「しっぷうづき」以上のダメージを与えることができるので1枚だけ採用しています。

 

■インテレオン(うらこうさく)

■インテレオン(クイックシューター)

■ジメレオン

■メッソン

相手の場のモンスターのダメージを微調整できるとこのデッキではバトルをかなり有利に展開できるので、特性「クイックシューター」を持つインテレオンを多めの3枚採用した「うらこうさく」軸のモンスター一式を採用しています。

このデッキが苦手とする「ベンチバリアミュウ」の突破手段にもなるので、メッソン、ジメレオン、インテレオンは全て4枚ずつの採用としています。

 

■ジラーチGX

ウーラオスの「超タイプ弱点」を補うために使用するモンスターです。

相手が超タイプのモンスターを使わない場合は一切使用しないので相手の場からデッキを予測してから使用するかを判断します。

 

■ナゲツケサル

れんげきウーラオスVMAXのキョダイレンゲキのベンチのV・GXモンスターに対しての打点を上げるために使用します。

望遠スコープと組み合わせることでキョダイレンゲキの打点を最大180ダメージまで引き上げることができるので、相手がVMAXモンスターを大量展開してくる場合や、ベンチのクロバットVやデデンネGXを倒したい場合に活躍します。

 

【グッズ】

■クイックボール

■レベルボール

■しんかのおこう

このデッキでは、特性「うらこうさく」を持ったジメレオンを中心に展開することで、状況に応じて好きなカードを手札に加えながら戦っていくため、そのサーチがしやすくなるようにクイックボールは1枚分削り、その分レベルボールしんかのおこうの採用に枠を当てています。

 

■ポケモンいれかえ

■あなぬけのひも

れんげきウーラオスVMAXの「しっぷうづき」の追加効果の成功率を高めるためスタジアムの「みずの塔」とこちらのポケモンいれかえ系のカードは多めの採用としています。

また、相手のバトル場のモンスターをベンチに戻してキョダイレンゲキを当てたい場面が多くあるので、「あなぬけのひも」を多く採用しています。

 

■くろおび

サイド枚数が負けている場合、こちらのどうぐをつけたポケモンのワザに必要な闘エネルギーを1つ減らすことができるので、れんげきウーラオスVMAXのキョダイレンゲキを「れんげきエネルギー」と「くろおび」で1ターンで打つことが可能となる場合があり、逆転のためのキーカードとなる場合があります。

 

■望遠スコープ

「ナゲツケサル」の項目でも記載した通り、キョダイレンゲキの打点を上げるために使用します。

 

【サポート】

■キバナ

終盤にモンスターのエネルギー加速を補いつつ、その時に最も必要となるカードを手札に加えるために使います。

れんげきウーラオスの「キョダイレンゲキ」を1ターンで使用可能にできるので、状況によっては活躍する機会があります。

 

【スタジアム】

■みずの塔

このデッキのモンスターは基本的に「れんげき」のモンスターであるため、ポケモンの交代をしやすくするために採用をしています。

 

■頂への雪道

このデッキにおいては、こちらのスタジアムの影響を受けてもそこまで大きい問題にはならないため、相手のデッキに合わせて臨機応変に使えるように1枚だけ採用しています。

 

【エネルギー】

■れんげきエネルギー

■基本闘エネルギー

このデッキのアタッカーが要求するエネルギーが全体的に少ないことと、「れんげきエネルギー」によって2個分のエネルギーを補うことができるため、エネルギーはかなり最小限の採用としています。

 

 





さいごに

以上、「れんげきウーラオスVMAX」デッキの紹介でした!

実際に使用してみると、さすが環境で活躍しているだけあり非常に強いデッキだと思いました。

 

しかしながら、「うらこうさく」軸であることや、エネルギーが最小限、ダメージも小~中打点であるため、バトルにおける勝利までの戦略をしっかり考える必要があり、プレイング難度の高いデッキでもあると言えます。

そのため、初めて遊ぶデッキには向いていませんが、ポケモンカード自体の技術を上達させたい人にとっては戦略をキチンと考える感覚を身に着けるのに役立つかもしれません。

「強いデッキを握りたい」「プレイングを上達させたい」といった方には是非トライして欲しいと思いますので、こちらのレシピを参考に組んでみて下さいね!

 

そんなわけで今回の記事は以上となります。

 

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です